スーパーCEO列伝

「マジ価値」のもとではみんなが対等。freeeはなぜカルチャ...

freee株式会社
経営管理本部カルチャー推進部部長

辻本祐佳

クラウド会計ソフトを提供するfreeeがカルチャーの軸に据えているのは「マジ価値」。「マジ価値」とは、「本質的(マジ)で価値ある」の略で、ユーザーにとって本質的な価値があると自信を持って言えることをする、という思いが込められた言葉。そしてこの「マジ価値」を“届けきる”までがfreeeのコミットメントだ。 freeeカルチャー推進部部長の辻本祐佳さんは「freeeは“マジ価値”のもとで全てのメンバーが平等。誰もがマジ価値を追求し、『それは本当に“マジ価値”?』『他にも方法があるのでは?』と議論できる空気があります」と、あくまでも「マジ価値」を追求し続けるカルチャーについて語る。

ピックアップ

スーパーCEO列伝記事一覧へ >

No.42

中小企業の伸びしろを最大化 会計の効率化から始まる生産性革命

freee株式会社
CEO佐々木 大輔

個人事業主や中小企業を中心とする16万社以上の有料ユーザーを誇るクラウド会計ソフト「freee」を展開するfreee。昨年12月のIPOで実施したグローバルオファリングは大きな注目を集めた。創業者でCEOの佐々木大輔氏が思い描く「スモールビジネスが輝く未来像」とは?
SUPER CEO Back Number 42
インタビューを
読む >

カテゴリー別 注目の経営者特集

インタビュー動画

動画一覧へ

アーカイブ

ブランジスタが手がける電子雑誌