スーパーCEO列伝

“濡れない体験”を届けるシェア傘で社会はどう変わる?

株式会社Nature Innovation Group
代表取締役

丸川照司

国内における傘の消費量は年間1億3000万本にものぼり、そのうち約8000万本はビニール傘が占めるといわれている。ビニール傘はその手軽さから使い捨てられることが多く、傘の不法投棄が社会問題として取り上げられることも珍しくない。 そのような状況に一石を投じたのが、日本初となる傘のシェアリングサービス「アイカサ」だ。1日70円でレンタルでき、利用に必要なのはスマホと、クレジットカードなどの決済情報のみ。駅や店舗に設置された傘立て(アイカサのレンタルスポット)にスマホをかざして傘を借り、返却は借りた場所とは別の傘立てで構わない。 アイカサを提供するNature Innovation Groupの代表、丸川照司氏(以下、丸川氏)は「雨の日のライフスタイルを変えるサービスを目指している」と話す。生活に深く根ざす傘のあり方が変化すると、我々の日常だけでなく、社会にどのような影響をもたらすのだろうか。

ピックアップ

スーパーCEO列伝記事一覧へ >

No.47

最も経営者の思いを形にできるデザイナー クライアントに寄り添い、ユーザーもハッピーに

株式会社グラマラス
代表取締役社長/デザイナー森田恭通

百貨店から町の飲み屋に至るまで、幅広く国内外のインテリア・デザインを手がける森田恭通氏は、周囲の期待を超えるアイデアでクライアントや利用者を含めた多くの人を喜ばせてきた。その顧客視点と妄想力で、世の中に希望を提供し続ける森田氏の、ビジネス観とビジョンに迫る。
SUPER CEO Back Number 47
インタビューを
読む >

カテゴリー別 注目の経営者特集

インタビュー動画

動画一覧へ

アーカイブ

ブランジスタが手がける電子雑誌