サービス力

経営者の“願い”を実現する マインドセットのニューノーマル

Rainbow Lights

代表

土山美雪

写真/片桐圭(リンガフランカ) 文/竹田 あきら(ユータック) | 2021.09.10

Q1起業家・経営者になったきっかけを教えて下さい。

母親が重い病気に罹り、「私の病気はこのヒーラーさんに治してもらいたい」とNY在住のヒーラーさんの本を渡されましたが、すぐに叶えてあげられないと思った私は、願いを叶えてあげるために自身がヒーラーの道へ入りました。ヒーラーとなった後は、人生を変えるコンサルタントとして引き寄せ力を高める方法を伝授しています。

Q2貴社の強み、特徴を教えて下さい。

「遠隔ヒーリングは、誰でも簡単に使える力」。そのロジックを分かりやすく伝え、出会って5分でヒーリングを伝授し、驚きと感動を与えます。能力の高め方や人生を思い通りに手に入れる方法を教え、運気のあげ方や新しいメンタルコントロール法を教えます。

Q3今後の展望、目標を教えて下さい。

世界中の人が遠隔ヒーリングとエネルギー界のことを知り、自分の能力や人生を高めていける考え方を学んで、使いこなせる世界をつくり上げたいと思っています。そのために、コンサルティングだけでなく、オンライン授業などの展開も考えています。

Q4ご自身の夢を教えて下さい。

スピリチュアルと一括りにされてしまう世界観ですが、遠隔ヒーリングとエネルギー界のことを誰に対しても分かりやすく説明でき、目に見えない世界から、可視化出来る世界へ変えることです。多くの人生に取り入れてもらい、日常から普段使いして貰うものとして身近な世界にしていきたいです。

Q5ご自身の強みを教えて下さい。

人を笑顔にさせる力です。どんなに落ち込んでいる人でも、私と話していると最終的にメンタルが上がって、笑顔になって帰ります。人生の全てをコントロールして欲しい未来を引き寄せられる方法を知ることもできますよ。

Rainbow Lights 代表 土山美雪(つちやまみゆき)

沖縄出身の45歳。幼少期から共感能力が高く、その能力を生かし営業の世界へ。リクルートや大東建託であらゆる商品を販売するなかで、抜群の質問力を習得。その後、母の病気がきっかけでヒーラーの道を歩む。多くの悩める人たちの人生を書き換え、考えられないほどの大きな現実を引き寄せるコンサルを行なっている。

SUPER CEO Back Number img/backnumber/Vol_56_1649338847.jpg

vol.56

DXに本気 カギは共創と人材育成

日本アイ・ビー・エムデジタルサービス株式会社

代表取締役社長

井上裕美

DXは日本の喫緊の課題だ。政府はデジタル庁を発足させデジタル化を推進、民間企業もIT投資の名のもとに業務のシステム化やウェブサービスへの移行に努めてきたが、依然として世界に遅れを取っている。IJDS初代社長・井上裕美氏に、日本が本質的なDXに取り組み、加速させるために何が必要か聞く。
コンテンツ広告のご案内
BtoBビジネスサポート
経営サポート
SUPER SELECTION Passion Leaders
ブランジスタが手がける電子雑誌