一歩踏み出す勇気と自信を伝える“ギンプルエンサー” | 株式会社和 浅川真紀|注目の経営者|SUPER CEO

サービス力

一歩踏み出す勇気と自信を伝える“ギンプルエンサー”

株式会社和

代表取締役

浅川真紀

写真/守澤佳崇(office WORKS) 文/宮本 育 | 2016.09.30

難病を抱えながらも、ビジネスコンサルティング、共同生活援助(グループホーム)、障がい者支援、ラジオパーソナリティなど、幅広く活動している浅川代表。起業のきっかけや事業を行う上でのポリシーを聞いた。

株式会社和 代表取締役 浅川真紀(あさかわ まき)

1978年生まれ、北海道札幌市出身。様々な職を経て、社会保険労務士・行政書士事務所に就職。そこで約9年間勤務し、2014年に独立、株式会社和(なごみ)を設立。現在、同社事業のほか、動物救済活動、バリアフリー工事業者の斡旋事業、ラジオパーソナリティなど幅広く活躍している。

「すべての出来事に今は感謝しかありません」

そう力強く話すのは、株式会社和(なごみ)の浅川代表。彼女は徐々に筋力が衰えていく難病クーゲルベルグ・ヴェランダー病とリウマチにより、長時間の歩行や起立が難しく、わずかな段差にも苦労する日々をおくっている。しかし、そのような障がいをものともせず、約9年間、社会保険労務士・行政書士事務所で働いていた。そこでの仕事には、相当な苦労があったという。

「確かにつらかったのはありますが、おかげで多少のことではへこたれなくなりましたし、あの逆境を乗り越えたからこそ今があると実感しています。前職での経験は私の財産です」

前職を辞めることを考えた時、頭をよぎったのは担当する顧客のことだった。自分が辞めることで困る人がいるかもしれない……。そう思った浅川代表は、2014年、自らを「Gimpluencer(ギンプルエンサー)」(「gimp(足の悪い人)」と「influencer(影響力をもつ人)」を組み合わせた造語)と称し、起業を決意する。

雇用形態別による留意点や、会社と従業員の間で実際にあったトラブルをまとめた各種手引書は欠かせないアイテム。

同社は、各士業の専門家と提携し、登記、税務、許認可、助成金、社会保険等の申請など、ビジネスに関する総合的なサポートを行うコンサルティング会社だ。きめ細やかなサポートが評判となり、紹介で人の輪が広がった結果、顧客の99%以上が紹介でつながった会社や個人事業主で構成されている。

売上も創業当時は月数十万円ほどだったが、現在は約十数倍にまでなったという。自分を信じ続けてきたやり方が間違ってなかった、と確信できた瞬間だった。さらに、次のような事業展開も計画している。

「就労が難しい障がいをもった人たちに、つまみ細工やレジンでオリジナル迷子札などをつくってもらい、それらを販売。売上の一部を動物救済団体に寄付したいと考えています。この事業の背景には、彼らに夢や希望を見つけてほしいという思いがあります。例えば、自分がつくった商品が褒められれば、もっと良いものをつくろうと意欲的になります。そういった成功体験が積み重なり、自信が生まれることで、独立してみようとか、企業の面接を受けてみようとか、社会に出て活躍するきっかけになるのではないでしょうか」

障がい者の可能性を広げると同時に、街全体のバリアフリー化も目指す試みだ。そこには、障がいの有無にかかわらず、誰もがいつでも好きなところへ行ける住みよい世の中になってほしいという願いが込められている。

2017年5月からは、新たに共同生活援助(グループホーム)を運営。自らが骨折した時の経験から、介助を必要とする人と介助をする人との心や体の限界を感じたのがきっかけだという。共同生活援助(グループホーム)に特化したトータル支援サービスを行うことで、地域や企業と障がいのある人たちをつなげ、なおいっそうの障がい福祉向上を目指していく。

これまでの体験をすべて力に変え、精力的に活動する浅川代表。この人に相談すれば何とかしてくれる――。そんな頼もしさをきっと多くの人が感じていることだろう。

「お客様は神様じゃなくて、親友だと思っているんです。だから、こんな質問してもいいいのかな?と思う前に、『とにかく連絡をして』『自分で判断しないで』『気を使わないで』とお願いしています。公私混同するなとよく言いますが、相手のことを常に考えて仕事をしたら公私混同しちゃいますよ。そうじゃなければコンサルタントなんてできません。他人事だけど他人事にしてはいけない、それがこの仕事だと思います。ひとりで寂しくなっても私たちがいる、それくらいの気持ちでお客様と関わっています」

SUPER CEO Back Number img/backnumber/Vol_32_1528368249.jpg

vol.32

【SBIグループ】先見性が事業を切り拓く

SBIホールディングス株式会社 代表取締役執行役員社長北尾吉孝

1999年の創業以来、証券や銀行、保険などがネット上で相互に連携し合う、一大金融グループをつくり上げたSBIグループ。メガバンクの苦境やフィンテックの進化など、めまぐるしい時代の変化のなかで、「先見性」と「顧客中心主義」で事業を切り拓いてきたSBIグループが目指す、ネット金融業界の未来像に迫る。
SUPER SELECTION 医療特化 スーパー・ドクター Passion Leaders

ブランジスタが手がける電子雑誌