サービス力

人々の生活と世界遺産を守る!害虫駆除業界の価値向上へ

株式会社ターマイト・クリーン

代表取締役

中澤 武

写真/田村 和成 文/中野 祐子 | 2019.11.11

大切な資産を守り、万全の衛生環境を整えるための害虫駆除を展開する株式会社ターマイト・クリーン。害虫駆除の重要性を広めると共に、業界の活性化に貢献し、太平洋に面した和歌山県新宮市から世界へ飛び出したいと意気込む中澤代表に話を聞いた。

株式会社ターマイト・クリーン 代表取締役 中澤 武(なかざわ たけし)

1980年和歌山県生まれ。地元の串本高校在学中、シロアリ駆除会社でアルバイトをしたことをきっかけに、害虫駆除業に就くことを決意。隣町の新宮市の老舗、ターマイト・クリーンに入社。駆除のスキルとノウハウの高さ、接客応対の良さから経営者、顧客から信頼され、事業を継承。2018年、株式会社ターマイト・クリーンとして法人化。

地球温暖化や外来種への対応も不可欠!

高校時代にシロアリ駆除のアルバイトをした際、訪問先の家人の喜びが心にひびき、新宮市で30年以上の実績のあるターマイト・クリーンに入社した中澤武氏。持ち前の明るさと熱心な仕事ぶりから上司、顧客の信頼を獲得し、ついには前経営者から事業を継承。代表取締役となり、株式化を果たす。

「シロアリは単に薬剤を散布するだけでは駆除できません。立地や家屋によって、生息・侵蝕状況がまったく異なりますから、薬剤の種類や調合も、駆除方法も、現場に応じて変えていくことが重要。この駆除の多様性と柔軟性が当社の強みです」

中澤代表やスタッフの堅実な仕事によって、これまでに手がけた現場のシロアリ再発率はゼロ。駆除前に床下や天井裏など建物の構造を調査することから、昨今は客側からのリフォーム相談、空き家や中古住宅のホームインスペクション(住宅診断)に携ることも。ハチやゴキブリなど、シロアリ以外の害虫駆除も展開しているため、新宮市生活環境課からの依頼も多く、事業継承後の売上や顧客数は倍近くになったという。

「生態の追求、薬剤の配合など害虫駆除は奥が深くて面白いし、とにかく仕事が好きなんですよ」と語る中澤代表。

「いろいろな仕事を手がけるようになって充実感と共に、危機感も抱くようになりました。それが、地球温暖化や異常気象に伴う害虫の進化と外来種の猛威です。例えば、温暖な地域が主な生息地だったイエシロアリの生息可能範囲が、温暖化や住宅の高気密・高断熱化によって年々北上し、被害が拡大しています。

また、木材や家具の輸入によってアメリカカンザイシロアリという外来種が増加。日本の在来種のように地下に巣をつくることがなく、外部から飛来してくるため、侵入経路の特定や駆除が難しく、生態などを常に勉強しながら対応しています。

駆除するとはいえ、生き物相手の仕事なので想定外の事態も多く、虫たちも生き抜くために必死ですから、こちらも万全の備えで立ち向かっていくことが、お客様の喜びや会社の成長につながると思っています」

世界遺産だけでなく「災害から人々の生活を守りたい」

和歌山県新宮市は、2014年世界遺産に登録された「紀伊山地の霊場と参詣道」に含まれる歴史、自然に恵まれた風光明媚な都市。市内には熊野速玉大社をはじめ、希少な寺社仏閣、建造物が多数点在しているが、これらはすべて木造建築であり、シロアリの被害を避けることはできない。その時、頼りになるのが害虫駆除業界だ。

ターマイト・クリーンも、他の害虫駆除会社と連携しながら、熊野速玉大社を筆頭に寺社仏閣のシロアリ駆除に従事している。

熊野速玉大社では法被を着用し、お祓いを受けてから作業を開始。神聖な勤めであると身も心も引き締まる。

外壁・内壁の裏側、断熱材の間などにも侵入してくるシロアリの恐怖。巣や経路をしっかり確認し、細部まで駆除していく。

「世界遺産をシロアリの被害から守り、後世に受け継いでいくという尊い仕事に携われることは業界の誇りです。しかも、このことを多くの方々に知っていただければ、業界の活性化、価値向上も図れるので、利益は度外視して取り組んでいます」

中澤代表にはもうひとつ注力していることがある。地震や台風など自然災害への対策だ。というのも、新宮市は2011年に台風12号、2017年に台風21号に襲われ、大洪水や土砂崩れなど甚大な被害を受けた。当時、街の中心部にあったターマイト・クリーンの社屋も二度にわたって浸水。1カ月近くの営業停止を余儀なくされた。

「水害後に家屋の消毒の依頼が何件もあったのですが、私たちも被害を受けたため、対応できなくて。そんな悔しく苦い被災経験から海抜30m以上ある街の高台に土地を購入し、新社屋を完成させました。新宮市の指定避難所の認定を受けたので万一の際は多くの方に避難いただき、私たちは迅速に仕事を再開できます」

高台に位置するターマイトクリーンの新社屋。

新宮市から指定避難所の認定を受けているため、万一の際には避難場所として開放している。

今後も害虫駆除業界の活性化や地域貢献に努め、事業においては、海外進出という大きな夢も思い描く中澤代表。

「世界中の害虫を無くし、世界中の人びとの快適、清潔、幸せのお役に立つことが目標です」

SUPER CEO Back Number img/backnumber/Vol_41_1575877643.jpg

vol.41

M&Aを積極活用し10年で急成長 日本にベンチャー革命を!

株式会社Orchestra Holdings

代表取締役

佐藤亨樹

M&Aを積極活用した戦略で急成長を遂げているオーケストラホールディングスは、一つの事業にとどまらず、徹底した市場調査の上で成長分野を見極め、様々な事業への進出を図っている。同社がこうした経営姿勢をとっているのは、「創造の連鎖」という壮大なビジョンを実現するため。「創造の連鎖」とは何か。なぜ、どのように目指しているのか。
SUPER SELECTION 医療特化 スーパー・ドクター Passion Leaders
ブランジスタが手がける電子雑誌