人材力

兵庫から日本を代表する女性を輩出 ミセスのオピニオンリーダーが女性活躍支援にかける思い

株式会社エヌ・アンド・エム

代表取締役

奥山恵子

写真/田村和成 文/中野祐子 撮影場所/シーサイドホテル舞子ビラ神戸 | 2021.10.11

Q1起業家・経営者になったきっかけを教えて下さい。

株式会社エヌ・アンド・エムの創業者である父が2017年に他界。社名は旧姓であるナミカワのN、母の名前ミチヨのMから。自分がいなくなった後も母が困らずに生きていけるようにと、父が想いを込めて立ち上げた会社です。右も左もわからない業界でしたが、絶対に守っていかなければと事業承継しました。

Q2貴社の強み、特徴を教えて下さい。

一部上場企業を中心に100社以上の日本を代表する企業の株を保有。豊富な元手と、堅実かつ実直な運用をという父の教え、営業の仕事などで培ってきた私の実績と粘り強さ、勘の鋭さ、見極める力により、継続的な収益を実現しています。また、ミセスや女性経営者に向けたパーソナルプロデュースも進めています。

想い出の海や空を映したようなブルーのドレスをまとい、輝く笑顔を見せる奥山代表。ご主人との出会いは趣味である釣りがきっかけという。

Q3今後の展望、目標を教えて下さい。

女性経営者として実績を上げていくことはもちろん、自分さえ富めばよいのではなく、地方創生や地域活性化など、社会に貢献できる法人として邁進していきます。さらに、日本だけでなくアジアの女性の精神的・社会的地位向上の一翼を担えるよう、女性活躍支援に注力していきます。

Q4ご自身の夢を教えて下さい。

主婦でも、ビジネスウーマンでも、何歳になっても、どんな環境でも、綺麗でいていいんです。その人にしか伝えられない人生のストーリーがあることを、私の実体験を発信することで気付いていただければ嬉しいです。ひとりでも多くの女性が本来持っている力に気付き、取り戻し、自分の力で物事を考え、選択し、活躍していけるよう背中を押していくこと、女性が輝く社会づくりの一翼を担うこと、それが私の夢です。

Q5ご自身の強みを教えて下さい。

“仕事と家庭、美と知性の両立”を体現できていることが強み。これまでのキャリアで培ってきた自己実現・表現のためのメソッドや、物事を広く発信できる言葉の力も持っています。

株式会社エヌ・アンド・エム 代表取締役 奥山恵子(おくやまけいこ)

大阪府出身、兵庫県在住。大阪芸術大学卒業。美術品、損害保険、MFPなどの営業に携わり、月平均300万円以上の売り上げを継続。父の逝去に伴い、株式投資、資産運用を行う株式会社エヌ・アンド・エムを承継。ミセスジャパン2019千葉大会準グランプリ、日本大会ファイナリスト。ミセスジャパン2021兵庫大会エリアディレクター。ミセスモデルとしても活躍中。

SUPER CEO Back Number img/backnumber/Vol_56_1649338847.jpg

vol.56

DXに本気 カギは共創と人材育成

日本アイ・ビー・エムデジタルサービス株式会社

代表取締役社長

井上裕美

DXは日本の喫緊の課題だ。政府はデジタル庁を発足させデジタル化を推進、民間企業もIT投資の名のもとに業務のシステム化やウェブサービスへの移行に努めてきたが、依然として世界に遅れを取っている。IJDS初代社長・井上裕美氏に、日本が本質的なDXに取り組み、加速させるために何が必要か聞く。
コンテンツ広告のご案内
BtoBビジネスサポート
経営サポート
SUPER SELECTION Passion Leaders
ブランジスタが手がける電子雑誌