市場創出力

世の中“激変”中! アフターコロナであらゆる二極化時代到来! 経済成長著しいフィリピン不動産にフォーカス

株式会社Enbition

代表取締役

川北憲史

写真/中川幸哉(コマーシャルブレーン) 文/西倫世 | 2022.05.10

Q1起業家・経営者になったきっかけを教えて下さい。

会社員時代、時代の大きな転換期がきていると感じました。大手企業で定年まで勤めるのではなく、これからは“個”の力が重要だと確信し、会社員を辞め、経営者の道を選びました。小さい頃から他人と同じことをするのが嫌いで、自分のやりたい方向へひたむきに突き進むタイプなので、あのとき会社員を辞める決断をしてよかったと思っています。

Q2貴社の強み、特徴を教えて下さい。

フィリピンの最大手建設会社の正規販売代理店として直接提携しているのが最大の強みです。その為、ブローカーなどを通さず、優位な立場でお客様により良い物件を提供できます。月に1度は現地の視察ツアーを開催。実際の物件を見るほか、フィリピンの現状や将来性を肌で感じて貰っています。

フィリピンの企業から日本での販売実績が認められ、表彰を受けた川北氏。フィリピンきっての財閥系大手企業と直接提携して不動産販売を行っている。

Q3今後の展望、目標を教えて下さい。

人とのご縁を大切にしながら、フィリピンの魅力を一人でも多くの人に伝えていきたいです。日本は、今後益々厳しい局面に入っていきますが、海外に目を向けるとチャンスもたくさんあります。フィリピン不動産を通して海外に興味をもってもらい、一歩踏み出すキッカケづくりをしていきたいです。

Q4ご自身の夢を教えて下さい。

今、まさに時代の大転換期。これまでの価値観や概念に捉われることなく、どんどん新しい分野にチャレンジし、行動する人の後押しをしていきたいですね。私自身が今後海外に拠点を移し、チャレンジしている姿を通して海外に目を向ける人、新たなチャレンジをする人を増やしていきたいと考えています。それと、人生一回きりなので、世界中を旅したいですね。

Q5最近の趣味やこだわりを教えて下さい。

クレジットカードアドバイザーという資格を保有しており、その協会の認定講師をしている関係で、ポイントやマイルの賢い活用方法にハマっています。本当に知っているか知っていないかだけで人生の豊かさに大きな差が生まれるので、ご縁があった人には恩恵を受けて貰える賢い活用方法をお伝えしています。一生分の飛行機代とホテル代を無料にする仕組みをつくるのが直近の目標です!

株式会社Enbition 代表取締役 川北憲史(かわきたのりふみ)

1990年生まれ大阪府出身。大学卒業後、大手ハウスメーカーに就職。営業職として3年間勤めた後、ベンチャー企業に就職し、様々な経験を積んだ後に、2017年12月に株式会社Enbitionを設立。海外の不動産を扱い、自らも今後は海外に拠点を移し、幅広く海外事業を展開していく。

SUPER CEO Back Number img/backnumber/Vol_56_1649338847.jpg

vol.56

DXに本気 カギは共創と人材育成

日本アイ・ビー・エムデジタルサービス株式会社

代表取締役社長

井上裕美

DXは日本の喫緊の課題だ。政府はデジタル庁を発足させデジタル化を推進、民間企業もIT投資の名のもとに業務のシステム化やウェブサービスへの移行に努めてきたが、依然として世界に遅れを取っている。IJDS初代社長・井上裕美氏に、日本が本質的なDXに取り組み、加速させるために何が必要か聞く。
コンテンツ広告のご案内
BtoBビジネスサポート
経営サポート
SUPER SELECTION Passion Leaders
ブランジスタが手がける電子雑誌