人材力

兵庫から日本を代表する女性を輩出 ミセスのオピニオンリーダーが女性活躍支援にかける思い

株式会社エヌ・アンド・エム

代表取締役

奥山恵子

写真/田村和成 文/中野祐子 撮影場所/シーサイドホテル舞子ビラ神戸 | 2021.10.11

妻、経営者、「ミセスジャパン2019ファイナリスト」、ミセスモデルと、多彩な顔を持ち、女性活躍支援に取り組む奥山恵子代表。今回、「ミセスジャパン2021兵庫大会」の初開催。大会や女性活躍にかける思いを当日の様子と共に紹介する。

株式会社エヌ・アンド・エム 代表取締役 奥山恵子(おくやまけいこ)

大阪府出身、兵庫県在住。大阪芸術大学卒業。美術品、損害保険、MFPなどの営業に携わり、月平均300万円以上の売り上げを継続。父の逝去に伴い、株式投資、資産運用を行う株式会社エヌ・アンド・エムを承継。ミセスジャパン2019千葉大会準グランプリ、日本大会ファイナリスト。ミセスジャパン2021兵庫大会エリアディレクター。ミセスモデルとしても活躍中。

夫婦の想い出を反映した初の兵庫大会開催

亡き父から、株式投資・資産運用を行う株式会社エヌ・アンド・エムを承継。鋭い洞察力と手堅い運用で安定した収益を確保・継続する奥山代表。自らを磨き高めたいと出場した「ミセスジャパン2019千葉大会」で準グランプリ、「ミセスジャパン2019日本大会」ファイナリストに輝いた。

ミセスジャパンとは、内外面の美しさを持ったミセスが出場、日本を代表する女性として表彰を行う、2016年に立ち上げられたミセスのための大会。地方大会、日本大会、世界大会を経て、地域、日本のオピニオンリーダーとなるミセスを選出するのだが、見た目を競うミス・ミセスコンテストとは一線を画し、妻、母、女性として、その人を形成するすべてが審査対象となる。また、選出されたファイナリストが大会運営に携わっていくことも特徴。奥山代表も2020年から審査員や出場者のレッスン、さらに株式会社エヌ・アンド・エムとして長野、千葉、神奈川、宮崎の4大会に協賛。その中でひとつの夢を描いていたという。

「それは私の地元で大会を開催することです。事務局にエリアディレクターとして承認いただき、4人の運営メンバーと共に初めての兵庫での開催を実現しました」

ミセスジャパン初の2021兵庫大会は、ミセスのオピニオンリーダー輩出や地域創生という趣旨に加え、奥山代表のドラマチックなコンセプトも掲げられた。

「大会開催日の8月28日は夫と出会った記念日であり、私にとってはミセスの原点となった日でもあります。出会いは兵庫を象徴する存在でもある海。そして、地域創生という意義とも併せて、明石海峡大橋を見渡す『シーサイドホテル舞子ビラホテル』を会場にしました」

開催日・会場決定後は、出場者募集や協賛依頼に奔走。厳正な審査のもと、兵庫大会に出場を果たした25名のファイナリストへのウォーキングやスピーチといったレッスンも担当した奥山代表。ファッションの街でもある神戸を表現すべく、自身が愛用するアパレルメーカー・kay me(ケイミー)株式会社の協賛、衣装提供も叶えた。

「kay meは毛見純子様が経営され、女性が活躍する企業で、アニマルフリーや自然環境保護、商品廃棄ゼロといったサスティナブルにも取り組んでおられます。エヌ・アンド・エムでは女性活躍やSDGsに注力する企業への投資を重視しており、女性、経営者としての思いも一致しました」

女性、経営者としての幸せをリターンしていく

大会当日は、海も橋も眩しいほどの晴天。コロナ禍での開催となったが、規模を半分以下に縮小し、web配信も導入。出場者、関係者、観覧者には事前のPCR検査と当日の問診票の提出義務など、厚生労働省、兵庫県が定める感染予防対策のもと万全の体制で遂行された。

「ミセスジャパンは、ミセスによるミセスのためのページェントです。ページェントとはページをめくる、扉を開くという意味。私もそうだったのですが、普通のミセスが14cmのヒールでステージに立つというチャレンジを通して人生のターニングポイントを迎え、新しい扉が開けるよう、兵庫大会は『This is my START』をテーマにしました」

初の兵庫大会を成し遂げたエリアディレクターとして、開催の挨拶を行った奥山代表。さらに歴代ファイナリストのランウェイでは華麗なウォーキングを披露。メインスポンサーとして大会を支援し、表彰のプレゼンターを務めるなど女性経営者として成功する姿も出場者や観覧者、web配信の閲覧者の目を釘づけにした。

大会を無事に終え、緊張から解き放たれた奥山代表に今後の目標をうかがった。

「ページェントのステージに携わっていくことはもちろん、経営者として女性活躍の推進、社会の活性化にこれまで以上に貢献していきます。また、妻、女性経営者、挑戦者、リーダーとしての姿がミセスのロールモデルとなるよう、私自身を磨き高めつづけていくことも目標です」

SUPER CEO Back Number img/backnumber/Vol_52_1633086440.jpg

vol.52

【セラシオ上陸】今が瀬戸際?日本の消費財のポテンシャル

セラシオ・ジャパン

日本法人代表 二宮一央/最高協業責任者 小澤良介

米史上最速の創業2年でユニコーンになった消費財ベンチャーのセラシオが、日本に上陸。彼らが目指しているのは、日本の消費財が本来持っているポテンシャルを最大限に引き出し世界に知らしめることだ。セラシオ・ジャパンの2人が見据える“日本の消費財”の未来を語る。
コンテンツ広告のご案内
BtoBビジネスサポート
経営サポート
SUPER SELECTION Passion Leaders
ブランジスタが手がける電子雑誌