クリエイターの理想が詰まった海と山に近いオープンなオフィス|株式会社カヤック 柳澤大輔|刺激空間から革新が生まれる|SUPER CEO

刺激空間から革新が生まれる

クリエイターの理想が詰まった海と山に近いオープンなオフィス

株式会社カヤック

企画部(ディレクター)飲食事業部取締役会(代表取締役CEO)

柳澤大輔

写真/宮下 潤 文/田中 縁 | 2014.08.11

創業から16年。株式会社カヤックこと、面白法人カヤックは神奈川県・鎌倉市にオフィスを構えている。なんと、オフィス引っ越し歴は7回。事業内容や社員が増えるにつれて都度、オフィスを変えてきたという。クリエイターにとって必要なオフィスの条件とはなんなのか? CEOである柳澤大輔氏に話を聞いた。

株式会社カヤック 企画部(ディレクター)飲食事業部取締役会(代表取締役CEO) 柳澤大輔(やなぎさわだいすけ)

1974年香港生まれ。慶應義塾大学環境情報学部卒業後、ソニー・ミュージックエンタテインメントに入社。1998年、学生時代の友人と共に面白法人カヤックを設立。鎌倉に本社を構え、鎌倉からオリジナリティのあるコンテンツをWebサイト、スマートフォンアプリ、ソーシャルゲーム市場に発信する。主要事業のほかにもカヤックが運営する飲食店「DONBURI CAFE DINING bowls」の運営や2009年、ビンボーゆすりを科学したプロダクト「YUREX」の開発のプロデュースにたずさわる。100以上のクリエイティブディレクターをつとめる傍ら、2012年カンヌライオンズ 国際クリエイティビティ・フェスティバル、2010年東京インタラクティブ・アド・アワード、2010~2014年Yahoo!インターネットクリエイティブアワードなどWeb広告賞で審査員をつとめ、著書に「面白法人カヤック会社案内」(プレジデント社)、「アイデアは考えるな」(日経BP社)などがある。ユニークな人事制度(サイコロ給、スマイル給)や、ワークスタイル(旅する支社)を発信し、「面白法人」というキャッチコピーの名のもと新しい会社のスタイルに挑戦中。

遮るもののないオープンな空間大事なポイントは“気持ち良さ”

鎌倉駅から徒歩5分。鶴岡八幡宮へと続く、若宮大路沿いのビルの2階に面白法人カヤックの本社オフィスはあった。鎌倉という場所を選んだ理由を問うと、開口一番、「海と山があるから」と柳澤氏。

「それって重要なことじゃないですか。自然に近いと、“美しい”っていう感覚を日々感じることができますから」

都心から離れすぎず、自然とも近い、鎌倉という立地。そこにオフィスを構えるという絶妙なバランス感覚こそ、いままでにない、ユニークな会社として知られるカヤックという企業体をあらわしている。

サイコロを振って給料を決めたり、働き方や働く場所に囚われることなく、自由に選べる制度があったりと、仕事スタイルや自社サービスのユニークさで知られるカヤックだが、200人近い社員一人ひとりの個性も、唯一無二の、カヤックにしかない圧倒的なオリジナリティであり、企業の魅力そのものでもある。そんなカヤックの本社オフィスは、立地、空間、すべてにおいて、そうした企業の精神を体現するものだった。

【エントランス】オフィスは187㎡の広さ。畳が敷き詰められた中央部の空間をぐるりと取り囲むように縁側風のデスクがひとつながりに配されている。要所要所に座敷に上がるための階段が設置されている。天井高は一番高いところで4mの高さを確保。広々とした空間だ。

このビルに引っ越してきたのは、いまから7年前の2007年。クライン・ダイサム・アーキテクツが内装設計を手がけた。彼らに出したオーダーは「オープンであること」「鎌倉ならでの空間づくり」「ペーパーレス化」の3つ。

「会社全体がひとつの会議室というか、みんなでブレストしているような感覚がほしかったんです。鎌倉らしさとして、畳や縁側のような和のしつらえと、木や漆などの素材を取り入れてくれました。ウェブの会社なので、紙があまり必要なく、本棚もない。できるだけペーパーレス化して、シンプルにしてほしいと伝えました」

【シェアオフィス】入り口からすぐ左にあるシェアオフィスの空間には、現在複数社が入居。高い天井からは、LANケーブルのような黒いチューブを使った、ユニークなシャンデリアが吊り下がる。畳の上ではくつろいだり、仕事したり、自由自在に過ごせる。畳の上にあるのはカルテルのTテーブル。椅子は座り心地にこだわった岡村製作所製。

シャンデリアはオーダーシャンデリアを中心に活躍するデザイナー、キム・ソンヘの作品。

オフィスに入るなり、何も遮るもののない空間でオフィスのなかが一望できる。中央部には畳が敷かれ、そこで寝転がるもよし、マンガを読むもよし、のリラックススペースは「何でもアリ」な空間。掘りごたつ式のテーブルもあり、仕事や打ち合わせも可能だ。

「天井が高いことはオフィスの必須条件でした。空間が広い方が発想も広がるような気がするし、何より気持ちがいい。『気持ちいいかどうか』といった感覚がクリエイティブに与える影響は、多分にあると思います」

オフィスへ訪問した際、受付しか通らず、会議室へと通され、会社の雰囲気がわからないことも多い。けれど、「それはもったいない」と柳澤氏は話す。

「うちの会社の一番のコンテンツは社員。働いている雰囲気は見えた方がいいし、見てほしい。オープンであるということは、社内と社外、両方に対して、開かれているということなんです」

【会議室からの眺め】写真奥のガラスのコア部分は元々カヤックの本社として使用されていたが、現在はオフィスの一部をシェアオフィスとして、鎌倉のIT企業などが入居。このあたりも「面白法人」ならではの面白さかも。

また、なかでもこだわったのは、机や床など、経年変化で劣化する素材は、いいものを使うということ。

「オフィスというのは、新しくできた時は高揚するもの。半年ぐらい経てば、意匠的なことにはなじんでしまいます。けれど、場の空気感や長く使って気持ちがいいかどうかという、人が感じる生理的な感覚を大切にしたほうがいい。新築の家を見るよりも、中古の方が実際に住んだ感覚がわかるように、いい感じに変化していくのか、ただ劣化していくのか、時間が経てばはっきりしてくると思います」

柳澤氏が考えるクリエイターにとって、理想的なオフィスを実際に手に入れたようにみえるけれど、「事業内容や社員の数に合わせて、オフィスはその時々で変わっていくもの」ときっぱり。その時々に合わせて、オフィスも柔軟に変わっていくのがカヤック流なのだろう。

 

SUPER CEO Back Number img/backnumber/Vol_36_1549545831.jpg

vol.36

「共感力」で選ばれる企業に

ウォンテッドリー株式会社仲 暁子

ミレニアル世代に人気のビジネスSNS「Wantedly Visit」、名刺を元に人脈を創出するつながり管理アプリ「Wantedly People」などを手掛けるウォンテッドリー。仲暁子CEOにミレニアル人材獲得のコツを聞くほか、求人トレンドや働き方に対する価値観の変遷、そして名刺交換だけでは難しい“つながり”(=人脈)のつくり方に迫る。
SUPER SELECTION 医療特化 スーパー・ドクター Passion Leaders
ブランジスタが手がける電子雑誌