刺激空間から革新が生まれる

世界最高のメンバーがつながり、成長できる愛に満ちあふれた空間

株式会社アカツキ

代表取締役 CEO

香田哲朗

写真/宮下 潤 文/福富 大介 | 2015.02.10

人の感情にフォーカスしゲームの力で世界中の人に“ワクワク”と幸せを提供する。その壮大で明るい未来を実現するため塩田元規氏は皆で共有できる価値観と企業文化の浸透にこだわり続ける。その象徴とも言えるオフィスは個性的ながら機能的で愛に溢れる空間だった。

株式会社アカツキ 代表取締役 CEO 香田哲朗(こうだ てつろう)

1985年生まれ、長崎県佐世保市出身。佐世保高専卒業後、筑波大学工学システム学類へ編入学。2008年、アクセンチュア株式会社に新卒入社(経営コンサルティング本部)、大手電機メーカー等、通信ハイテク業界の戦略、マーケティング、IT領域のコンサルティングに従事。2010年6月、退職後に共同創業者の塩田元規氏とともにアカツキを創業。代表取締役 COOとして事業と組織の両面から土台を整備。2020年6月より代表取締役CEOに。子会社のアカツキライブエンターテインメントの代表取締役CEOも務める。

社員のために最高の環境をつくるそれが経営者の仕事

中目黒と代官山のちょうど中間、ファッショナブルな街の一角にアカツキのオフィスはある。中に一歩足を踏み入れると、そこはまるで大自然の中のすてきなコテージ。小鳥のさえずりが聞こえてきそうな緑に包まれた佇まいに、初めて訪れた人は誰もが驚く。

「この場所に移転したのは2012年。当時は会社を設立して間もない頃で、お金に余裕なんてありませんでした。それでもオフィスにこだわったのは、僕たちのビジョンに共感し、ビジネスの成功を目指してくれるメンバーと自然体で、ワクワクしながら仕事に向かえるカルチャーをつくりたかったから」と、同社CEOの塩田氏。

遊び心溢れるオフィス環境は、「社員の“心”と“感情”にフォーカスしたカルチャー投資の一環」と語る。

「分かりやすく言えば、“毎朝、出勤するのが楽しみになる会社”。さらには、社員に『自分の子どもを入社させたい』と思ってもらえる会社にするためにも、最高の環境をつくりたかったんです」

実際、アカツキの社内で行き交う人たちは、誰もが気さくに挨拶を交わし、肩をたたき合い、それぞれお気に入りの場所で自由に会話を楽しむ。

「自然の温もり、心地良さを五感で楽しめる空間にいると、人はおのずと優しくなれるんです。だから、社内で『叱る』『怒鳴る』『罵る』人は一人もいません。一人ひとりが自分らしくいながら、ほかのメンバーを思いやり、互いの成長を支え合える環境をつくるのが、経営者の仕事だと考えていますから」

小鳥のさえずりが聞こえてきそうなエントランス。コテージをコンセプトにしており、木と緑のやすらぎが感じられる。ここから、個性あふれるアカツキワールドが広がる。

塩田氏が描く企業像とは、「人間的魅力に溢れる最高の人たちがつながり、次世代の日本、世界を代表する一流の人材に成長できる場」。オフィスのレイアウトやデザインも、その信条や経営ビジョンの根幹にある“原則”と“哲学”を明文化した「アカツキハート」を体現したという。

「人間は、自分以外の人や社会とつながることを通じて、より豊かで幸せな人生を送れる。だから、メンバーが行き交うオフィスの中央には、メンバーのコミュニケーションを促し、自由にディスカッションできるオープンスペースを配置。そこに本棚やドリンクバー、縁側、和室などを設けることで、より自然体で自分らしく仕事に集中できるようにしました」

ほかにも、メンバー同士、自由にブレストできる“移動式ドラム缶デスク”があったり、部屋の仕切り壁に文字が書ける“ブレストガラス”が設置されていたりと、数え上げたらきりがない。社内の至るところに会話を生み、クリエイティビティを発揮する仕掛けが施されているのだ。

【多目的スペース】床のフローリングタイルは岡山の森の間伐材。この床にすることで、環境改善や森の維持に貢献している。黒板には社員のアカツキ愛に溢れるイラストやメッセージが。

そんなアカツキの日常は朝9時から始まる。服装は自由だが、土足は厳禁。まずは、先のオープンスペースに全員が集まり、ボールを投げたり、キャッチしたりしながら、24時間以内にあった「Good&New」をシェアするコミュニケーションタイムへの参加が決められている。

「僕は、自由だけど規律がある、大人だけど子どものようにピュアでいられる、厳しいけれど思いやりにあふれている、といった二律背反を成立させる会社であり続けたいと思っているんです。そうした文化が根付いている組織こそ、クリエイティビティな人材を育て、社会貢献につながるアイデアやサービスを生み出せる。そう考えています」

【畳スペース】掘りごたつ式のミーティングスペースは、イグサの香りが気持ちいい。リラックスできる環境からは、枠にとらわれない革新的なアイデアが絶え間なく生まれている。

そんな「アカツキハート」の哲学は、確実に社内カルチャーとして浸透し、メンバー一人ひとりが自ら考え、行動し、魅力的なサービスの実現へとつなげている。

事実、アカツキはこの3年間で売上高成長率1,070.46%を記録。2014年11月には、有限責任監査法人トーマツが発表した国内のテクノロジー・メディア・テレコミュニケーション企業を対象とした収益成長率ランキングで第3位に輝いた。

「学生時代から、世界規模で継続的に価値を生み続ける最高の会社をつくろうと決めていました。その事業活動としてモバイルゲームを選んだのは、ゲームをつくる人も、ゲームで遊ぶ人も、毎日ワクワクできるし、幸せになれる強い力があると確信したから。

世界を変えたベンチャー企業として、よくGoogleが取り上げられます。現時点では、アカツキはGoogleに劣る要素はたくさんあるかもしれません。でも、将来的にアカツキがGoogleを超えられない理由はひとつもないと僕は思います。だから、近い将来、アカツキはGoogleを超えて、世界中の人の心を動かし、幸せと向き合える最高の会社になれると確信しています!」

SUPER CEO Back Number img/backnumber/Vol_45_1596594972.jpg

vol.45

「ファクトリエ」がつくる工場ブランドの製品は、なぜコロナ禍でも売れ続けるのか?

ライフスタイルアクセント株式会社

代表取締役

山田敏夫

「世界に誇れるメイド・イン・ジャパンの一流ブランドを生み出したい」。そんな思いから、代表の山田敏夫氏が2012年にファクトリーブランド「ファクトリエ」を旗揚げ。優れた技術を持った日本国内の工場を開拓し、コロナ渦でも好調な売上を保っている。その原動力となっている山田氏の「熱狂」に迫る。
SUPER SELECTION 医療特化 スーパー・ドクター Passion Leaders
ブランジスタが手がける電子雑誌