僕の音を聴いて皆が盛り上がる姿に達成感|株式会社ダイニングイノベーション 西山知義|“超”私的エクストリームな瞬間|SUPER CEO

“超”私的エクストリームな瞬間

【DJ】

僕の音を聴いて皆が盛り上がる姿に達成感

株式会社ダイニングイノベーション

代表取締役会長

西山知義

写真/松井康一郎 動画/服部仁太郎 文/山祥ショウコ(lefthands) | 2014.02.10

小学生からの音楽好き、ティーンエイジャーの頃はディスコに通い詰めていた西山社長。多忙な仕事の合間を縫って音楽を聴き、カッコいいDJスタイルを磨く、その醍醐味とは。

株式会社ダイニングイノベーション 代表取締役会長 西山知義(にしやまともよし)

1966年3月19日生まれ。「炭火焼肉酒家 牛角」の創業者。温野菜・土間土間などを運営する株式会社レインズインターナショナル 代表取締役社長を経て、2012年、株式会社ダイニングイノベーションを設立。焼肉・焼き鳥・ラーメン・うどん・そばなど日本の国民食に「今までにない新しい価値」「革新的な体験」を加えた新業態を生み出し、いち早く海外での展開を目指す。

東京、六本木の人気クラブでの貸切イベント。ヘッドホンを耳に当て集中した表情でDJブースにいる西山社長がさっと手を動かし、曲調が変わる。日本でも大ヒットし誰もが耳にしたことがあるメロディにわっと歓声が上がりフロアで踊る人たちの熱気が急上昇する。

「クラブのいい音響、大きな音でみんなが盛り上がっている姿をみると、もう中毒性があるというか。踊っているみんなを自分一人で全部動かしている、楽しませているという達成感がDJの楽しみの真骨頂ですね」と西山社長はおっしゃる。

「あと、47歳でDJをやってるとカッコいいかな、と」

冗談っぽく笑うが、そもそも始めたきっかけは小学生の頃から筋金入りの音楽好きだったから。2年前DJが本業の人と出会い、必要な機器や曲のつなぎ方の基本を教わって、あっという間にマスター。DJをする際、一番大事なのは曲を知っていること。西山社長の頭の中には楽曲のデータベースが素地としてあったのだ。

「僕と同世代のお客様のときは、大好きなオールディーズをかけます」という西山社長、とても若く見える47歳!

「音楽は常に好きなので、本当に小学校のときから聴いていました。最初はベイシティローラーズとかキッスとかから始まって、R&Bも聞いたし……YMOも聴きましたね。

いつもアメリカのトップチャートは見続けているようなオールディーズ好きで。アース・ウィンド・アンド・ファイアー、クール・アンド・ザ・ギャングとか、ザ・ダズバンド、シルベスター。その頃の曲は大体好きですね。

ところがイベントをやると来る人は若い人が多いじゃないですか。そうすると、その時代の曲をやっても知らないんですよ。なので、ターゲットに合わせていろんな曲をチェックするようになりました」

新しい曲はiTunesなどのダンスミュージックトップ10などをチェック。「これはここがいいからあの曲と使えるな」と会議の合間に、会社に置いたDJセットでつないでみたりもする。DJブースは自宅と別荘にも置いてあり、いい気分転換になっているとか。

それにしても、大成功した牛角グループを含むレックス・ホールディングスを売却後、海外への出店に主軸を置いた株式会社ダイニングイノベーションをスタートして多忙な西山社長。どうやって趣味の時間を作っているのだろう。

「経営者って自分のスケジュールを自分で管理するんですよ。でも、僕が一番成長している時期は時間がなかった。夜10時ようやく仕事が終わって皆で飲みに行けるかな、というくらいでね。でも会社がある程度の規模を超えると管理するポイントが分かってくるんです」

いつも持ち歩いているDJ用CDケース。曲と曲をつなぎやすいよう、曲順を考えて編集したものをCDに落としている。

音楽への深い愛とこだわりゆえ、ダイニングイノベーションの海外店舗での音楽も「だいたい僕が決めています」と言う。

「日本で牛角を経営していたときから音楽も空間を彩るもののひとつ、と捉えてJAZZをかけたりしていたんですよね。NYの店は少しクラブっぽい曲をかけたりしますし、逆にシンガポールだと日本のJPOPをかけたほうが日本を感じられるからお客様に喜ばれるようです。業態や国によってかける曲を変えています。音楽は重要です」

最後にこうまとめてくれた。

「今経営しているダイニングイノベーションの取り組みをDJにかこつけて表現してみると……自分がDJをしている、来るお客様が各国の外国人のお客様であると。日本の曲でその方々を喜ばそう、ということをしたいなと。DJも商売も、基本はお客様に喜んでいただくということは同じです」

SUPER CEO Back Number img/backnumber/Vol_36_1549545831.jpg

vol.36

「共感力」で選ばれる企業に

ウォンテッドリー株式会社仲 暁子

ミレニアル世代に人気のビジネスSNS「Wantedly Visit」、名刺を元に人脈を創出するつながり管理アプリ「Wantedly People」などを手掛けるウォンテッドリー。仲暁子CEOにミレニアル人材獲得のコツを聞くほか、求人トレンドや働き方に対する価値観の変遷、そして名刺交換だけでは難しい“つながり”(=人脈)のつくり方に迫る。
SUPER SELECTION 医療特化 スーパー・ドクター Passion Leaders
ブランジスタが手がける電子雑誌