【DENTS】デンツの“007モデル”グローブ| |ファッション|SUPER CEO

ファッション

英国王室から007までがこよなく愛した名門謹製

【DENTS】デンツの“007モデル”グローブ

写真/栗原大輔(Roaster) スタイリング/佐藤雄一 構成・文/瀧川修平 | 2017.12.11

寒いからとて、ポケットに手を突っ込んで背中を丸めていては、CEOの名折れです。英国紳士を標榜するなら、冬は手に馴染んだ革手袋を常備するのが大人の嗜みといえます。

デンツの“007モデル”グローブ2万1000円(税抜き)/リーミルズ エージェンシー:TEL 03-3473-7007

そこで推奨したいのが、デンツの「007 ジョームズ・ボンド モデル」。その歴史から紐解くと、デンツは手袋と名産地として知られるイギリスのウスターで1777年に創業した、エリザベス女王御用達のロイヤルワラント取得ブランド。シークレットフィットと呼ばれる着け心地は、32工程を通じて丹念に仕上げられたトップクォリティの賜物です。世界中のセレブリティから称される“グローブ界のロールスロイス”の異名は伊達じゃありません。

中でも今回リコメンドするのは、モデル名の通り映画『007 スカイフォール』でダニエル・クレイグが使用した、同ブランドの新定番。スーツスタイルにマッチするシャープな見映えは縫い目を内部に隠した指部によるところが大きく、中でも黒を選べば引き締め効果はご覧の通り。

劇中の氏が魅せる通り、名うてのスパイさながらのスタイリッシュな印象を約束してくれるこの逸品。この冬は着けるだけで名実ともに背筋を伸ばしてくれる英雄のフラッグシップモデルを拝借し、脱猫背を叶えてみてはいかがでしょうか。

▲素材にはしなやかにしてキメの細かいヘアシープレザーを採用。吸い付くようなフィット感を叶えるべく、あえての一枚仕立ても男心をくすぐります。サイズで迷ったら小さめを選んでたるみ無くこなすのが選びのコツです。

▲ペッカリー製に代表される無骨なフラッグシップモデルとは逆に、こちらは内側に隠した指部の縫い目がスマートな見映えのキモ。繊細な使い勝手も持ち味で、慣れれば小銭を思いのまま取り出せるようになるでしょう。

※モデルコーディネート

チェスターコート25万円(税抜き)/ヤコブ コーエン(ヤコブ コーエン GINZA SIX:TEL 03-3572-0017)、スーツ9万9000円(税抜き)/エルビーエム 1911、シャツ2万5000円(税抜き)/ジャンネット(ともにトヨダトレーディング プレスルーム:TEL 03-5350-5567)、タイ1万5000円(税抜き)/ブリューワー(コロネット:TEL 03-5216-6521)

SUPER CEO Back Number img/backnumber/Vol_36_1549545831.jpg

vol.36

「共感力」で選ばれる企業に

ウォンテッドリー株式会社仲 暁子

ミレニアル世代に人気のビジネスSNS「Wantedly Visit」、名刺を元に人脈を創出するつながり管理アプリ「Wantedly People」などを手掛けるウォンテッドリー。仲暁子CEOにミレニアル人材獲得のコツを聞くほか、求人トレンドや働き方に対する価値観の変遷、そして名刺交換だけでは難しい“つながり”(=人脈)のつくり方に迫る。
SUPER SELECTION 医療特化 スーパー・ドクター Passion Leaders
ブランジスタが手がける電子雑誌