ファッション

【L.B.M.1911 with Isetan Mitsukoshi】日本人のために作られた 絶妙バランスな良コスパコート

エルビーエム 1911 ウィズ イセタンミツコシのチェスターコート

写真/栗原大輔(Roaster) スタイリング/佐藤雄一 構成・文/瀧川修平 | 2017.10.10

イタリアで100年以上続くスーツファクトリー・ルビアム社のブランド「L.B.M1911」が、「三越伊勢丹」と手を組み、ジャパンエクスクルーシブなスーツを手掛け始めて早2年。今回、CEOに推奨したいのが、その高いクオリティとデザイン性を両立させた、今季新たにラインナップ入りした両者キモ入りのチェスターコートです。

エルビーエム1911 ウィズ イセタンミツコシのチェスターコート 8万9000円(税抜き)※スーツコーディネート:スーツ7万9000円/エルビーエム1911 ウィズ イセタンミツコシ、シャツ2万5000円/ヴァナコーレ、小紋柄タイ1万2000円/フマガリ(すべて税込み)/すべて伊勢丹新宿店:TEL 03-3352-1111

日本人のために作られただけあり、身体に沿って自然とくびれたウェストシェイプや細身のアームホールがすこぶるスタイリッシュ。そもそもはスーツとの相性を考慮して作られたコートですが、㎜単位で調整された絶妙な丈感は、カジュアルシーンで纏ってもまるで仰々しさを感じさせません。また、同パターンでカシミアやキャメル素材をはじめ、多彩な色柄も揃うため、今の気分と懐具合に応じて吟味できるのも醍醐味です。

とりわけ本誌のオススメは、10万円でお釣りがくる、こちらのカシミア混ウール素材、グレーのチェック柄タイプ。費用対効果抜群にしてさりげなく周囲との差別化が際立つ、オンオフ使える名相棒となることでしょう。

背面にはボタン2つで留めるデザインベルトを配置。イギリスのポロ競技者が着用した伝統的なポロコートを彷彿させる意匠により、バックシャンもエレガントに見映えします。

SUPER CEO Back Number img/backnumber/Vol_46_1602246915.jpg

vol.46

未来のためのスクワット 飲食業界の革命児がポストコロナに考えること

株式会社DDホールディングス

代表取締役社長グループCEO

松村厚久

新型コロナウイルス感染拡大で多くの産業が打撃を受けるなか、飲食業界はその中心にいた。史上最高益を達成し、まさに躍進の年を迎えようとしていた飲食大手DDホールディングスは一転、かつてない苦境に追い込まれる。数々の業界の常識を打ち破ってきた松村氏は、いま何を考えるか。
SUPER SELECTION 医療特化 スーパー・ドクター Passion Leaders
ブランジスタが手がける電子雑誌