「ダブルモンクシューズ」で 秋の足元をリッチに演出| |ファッション|SUPER CEO

ファッション

「ダブルモンクシューズ」で 秋の足元をリッチに演出

写真/三瓶康友 スタイリング/佐藤雄一 文/瀧川修平 | 2015.10.10

お洒落なビジネススタイルを完成させるには、足元は端正なドレス顏のダブルモンクシューズが吉。各社の看板といえる名品が目白押しです。

【CROCKETT&JONES クロケット&ジョーンズ】シャープなシェイプが流麗にして色っぽい

1879年に英国靴の聖地ノーザンプトンで誕生したクロケット&ジョーンズは、世界で最も多くの木型を持つ老舗。そのダブルモンクといえば「ロウンズ」が有名。ロングノーズの348ラストをキャップトゥとバックルで引き締めたアニリンレザー製ゆえ、長く愛用できること必至。より履きやすいラバーソールのモデルもあります。

CROCKETT&JONES クロケット&ジョーンズ 8万5000円(税抜き)/(トレーディングポスト青山本店 TEL:03-5474-8725)

【Santoni サントーニ】深みのある飴色の茶でどんなスーツも格上げ

皮革工場が集まるイタリアはマルケ州で創業したサントーニは、一貫生産の靴を輩出するハンドメイドブランド。同社で人気のダブルモンクは、後染めを施した定番のオールドイングランドカーフと、カーター木型のソールをブレーク製法で縫い合わせたこだわりがウリ。オレンジ色のライニングも脱ぎ履きのたびに目を引きます。

Santoni サントーニ 10万円(税抜き)/(オークニジャパン TEL:0800-170-0092)

【MIYAGI KOGYO ミヤギコウギョウ】金バックルが光り輝く国産最高峰の名靴

50年以上の歴史で培ったノウハウを活かした山形のファクトリーブランドのスウェード製ダブルモンク。米国靴が最もエレガントだった1930年代の意匠を踏襲し、ビスポークに見られるインサイドストレート、アウトサイドカーブのシェイプを再現。くるぶしが当たらないよう外側の履き口をより深くえぐった左右非対称な作りも白眉です。

MIYAGI KOGYO ミヤギコウギョウ 5万2000円(税抜き)/(ワールド フットウェア ギャラリー 神宮前本店 TEL:03-3423-2021)

【CARMINA カルミナ】ジャケパンに履くならスウェードこそ名選択

茶のスウェードモンクは、大人カジュアルにもマッチする高い汎用性が見所。作ったのはスペイン・マヨルカ島で150年の歴史を誇る工房を母体とし、1997年にブランドとなったカルミナ。トレーディングポストの定番ラストは、土踏まずがあって履き心地も満点です。スムースレザーをはじめ、クロコやリザードモデルも存在します。

CARMINA カルミナ 6万9000円(税抜き)/(トレーディングポスト青山本店 TEL:03-5474-8725)

【JOSEPH CHEANEY ジョセフ チーニー】ラバーソールならオフも兼用可能です

同じダブルモンクでも、コバの張ったボリューミーなダイナイトソールなら表情一変。ミリタリーな雰囲気すら漂う、ブーツライクなデザインに仕上がります。ラウンドノーズの1886ラストは土踏まずを絞った日本人仕様で、ライニングからソールまで印象を黒で統一。アンティークゴールドのバックルも無骨な印象に拍車を掛けます。

JOSEPH CHEANEY ジョセフ チーニー 5万9000円(税抜き)/(ブリティッシュメイド 青山本店TEL:03-5466-3445)

SUPER CEO Back Number img/backnumber/Vol_32_1528368249.jpg

vol.32

【SBIグループ】先見性が事業を切り拓く

SBIホールディングス株式会社 代表取締役執行役員社長北尾吉孝

1999年の創業以来、証券や銀行、保険などがネット上で相互に連携し合う、一大金融グループをつくり上げたSBIグループ。メガバンクの苦境やフィンテックの進化など、めまぐるしい時代の変化のなかで、「先見性」と「顧客中心主義」で事業を切り拓いてきたSBIグループが目指す、ネット金融業界の未来像に迫る。
SUPER SELECTION 医療特化 スーパー・ドクター Passion Leaders

ブランジスタが手がける電子雑誌