ファッション

個性派デザイン+素材で脱・無難!なデカ・ボストン

写真/宮下 潤 スタイリング/四方章敬 文/寺田慎一(4610) | 2014.06.10

出張やゴルフ等、意外に活躍の場の多いボストンバッグ。注意すべきは、そうしたビジネスシーン以外で使う持ち物こそ、センスの尺度として人に見られているということ!最旬は、個性派デザイン+素材のデカ・ボストン。ONでもOFFでも、気持ちいい視線を集めてください!

【Ermenegildo Zegna(エルメネジルド ゼニア)】シボ革遣いがインパクト大!

ヘッドデザイナーであるステファノ・ピラーティ氏が手掛けた 2014 年秋冬クチュールコレクションの“THE COUTURE BAG”。コレクションを特徴づける「スタイリスティックな旅」と「普遍の美意識」を踏襲したデザインは、まさにSUPER CEOのライフスタイルにピッタリ。サイドパネルを排し、大面積のフロントパネルを用いた贅沢な作りが個性的な本作は、大胆なシボ革の表情もインパクト大! です。

Ermenegildo Zegna エルメネジルド ゼニア/51万840円/実寸約W50×H37×D12cm (ゼニア カスタマーサービス TEL:03-5114-5300)

【dunhill(ダンヒル)】貫禄倍加のカウハイドレザー

英国銘柄の雄・ダンヒルからの作。英国製カウハイドレザーのみを使用したマスキュリンなこちらは、英国サマセット州シャーボーンで、長年の経験と高い技術力を誇る革職人によって生み出されました。堅牢な作りゆえ、長年使い込むとさらに良い味が出て、アナタの貫禄をさらに倍加させてくれること必至でしょう。実寸約W45×H33×D26cm

dunhill ダンヒル/25万9200円 (リシュモン ジャパン TEL:03-4335-1755)

【BILL AMBERG(ビル アンバーグ)】コンビ素材にダンディな感性が冴え渡る

「革をより身近に、そして広範囲で適用できる素材として新しいポジションを市場に築いたリーダー」として知られるレザーバッグ業界の改革者・ビル アンバーグの新作。ブラックタンブルレザーとネイビースエードとのコンビネーションは、まるで洒落者が履くコンビシューズのよう。柔らかな触感も素晴らしい。実寸約W56×H26×D24cm

BILL AMBERG ビル アンバーグ/11万6640円 (バインド ピーアール TEL:03-6416-0441)

【HERGOPOCH(エルゴポック)】シャープな顔したモダン・ボストン

2種類のベジタブルタンニンなめしの革を使用したマージシリーズからのデカ・ボストン。サイドベルトや本体口周りとボディとで素材を変えることによって、ブラックでありながら微妙に異なるトーンを表現。こうすることで、モダンかつシャープなデザインを完成させました。開口部も広いので、使い勝手も抜群です。実寸約W50×H30×D15cm

HERGOPOCH エルゴポック/5万9400円 (キヨモト NC事業部 TEL:03-5843-9011)

【Daniel & Bob(ダニエル アンド ボブ)】際立つ“男前”な存在感

たっぷりの収納量と洗練されたデザインを両立させた本作は、丸みのあるデザインを踏襲しながらも、男らしい印象はしっかりキープしております。職人が手作業でシワをつけた同銘柄の定番素材・ロディをボディに採用することで、さらにマスキュリンな印象に。日焼けした肌で持ちたい、男が薫るデカ・ボストンです。実寸約W55×H28×D23cm

Daniel & Bob ダニエル アンド ボブ/10万4760円 (セルツリミテッド TEL:03-3448-1330)

SUPER CEO Back Number img/backnumber/Vol_46_1602246915.jpg

vol.46

未来のためのスクワット 飲食業界の革命児がポストコロナに考えること

株式会社DDホールディングス

代表取締役社長グループCEO

松村厚久

新型コロナウイルス感染拡大で多くの産業が打撃を受けるなか、飲食業界はその中心にいた。史上最高益を達成し、まさに躍進の年を迎えようとしていた飲食大手DDホールディングスは一転、かつてない苦境に追い込まれる。数々の業界の常識を打ち破ってきた松村氏は、いま何を考えるか。
SUPER SELECTION 医療特化 スーパー・ドクター Passion Leaders
ブランジスタが手がける電子雑誌