Passion Leaders活動レポート

M&Aと事業再生 超最新シリコンバレーの劇的変化

株式会社Orchestra Holdings

代表取締役

佐藤亨樹

撮影:阿部拓歩、二石光正 | 2019.04.10

佐藤亨樹のポートレート
2018年12月、東証一部に上場したITベンチャーの株式会社Orchestra Holdings。欧米の経済成長率に注目する代表の佐藤亨樹氏が、ホールディングス化による経営手法の変更や事業再生について語った。

株式会社Orchestra Holdings 代表取締役 佐藤亨樹(さとうとしき)

大手ゲームメーカー、飲料メーカー、製薬会社など多用な業種においてアカウントディレクターとして活動。マーケティング戦略、ブランド戦略、新商品開発、コーポレートブランディング、PR戦略開発、事業戦略立案など幅広いコンサルティングを行う。2009年、株式会社デジタルアイデンティティ(現:株式会社Orchestra Holdings)を設立。2016年にマザーズ上場を果たしホールディングス化。2018年には東証一部に上場した。

日本のGDP成長率は欧米と比較すると圧倒的に低い

「一部上場企業のなかでは一二を争う若さだと思う」。そう語るOrchestra Holdings代表の佐藤氏には、大きな組織改革を行った経験がある。それは、マザーズ上場を第2創業期と捉え、ホールディングス化した2016年のこと。

日本の経済成長が欧米に比べて乏しいと感じていた佐藤氏は、ベンチャースピリットをもって全ての「現状維持」を排除。新規事業開発のためのM&A、経営陣の刷新、徹底したコスト削減や独自の人材育成などを進め、結果的に営業利益を1年で7倍にまで拡大させることに成功。マザーズ上場からわずか2年で東証一部上場という快挙を達成した。

パッションリーダーズセミナー風景

なぜ、このような改革に打って出たのか。佐藤氏が掲げるビジョンは“創造の連鎖”。事業を通じて創造の志士を輩出し続ける、つまりホールディングス化を進めることで事業の連鎖をつくりだし、ベンチャースピリットを意図的に生み出す狙いがあるという。

シリコンバレーに居を構えた経験から、日本と欧米のGDP成長率の違いは「ベンチャー企業の数」であると分析し、それを自社に取り入れた佐藤氏。聴講者に向けて、自身のノウハウを余すことなく披露した。

佐藤亨樹のパッションリーダーズ集合写真

パッションリーダーズ 今後の予定

定例セミナー【8周年記念】

「日本の食文化を世界に。“外食の神様”の次なる夢とは。」

株式会社ダイニングイノベーション 

会長 西山 知義

 

◆日時:2019年4月24日(水)19:00~

◆会場:ネクシィーズ本社 3階セミナールーム 東京都渋谷区桜丘20-4 ネクシィーズスクエアビル

◆定員:先着200名

◆会費:【PL会員】無料、【一般経営者(ビジター)】5,000円

 

▼パッションリーダーズ公式サイト

http://www.passion-leaders.com/

SUPER CEO Back Number img/backnumber/Vol_39_1566181209.jpg

vol.39

旭酒造が米ニューヨークで日本酒を造る、本当の理由

旭酒造株式会社

会長

桜井博志

日本酒「獺祭」を造る旭酒造は、2021年の稼働に向けて米ニューヨークに純米大吟醸専門の醸造所を建設中。「獺祭」の生みの親、桜井博志会長は「単なる市場拡大が狙いではない」という。その真意は? 挑戦をし続ける日本屈指の酒蔵が掲げる酒造りの意義に迫る。
SUPER SELECTION 医療特化 スーパー・ドクター Passion Leaders
ブランジスタが手がける電子雑誌