【Barbour】バブアーのビームス別注キルティングコート| |ファッション|SUPER CEO

ファッション

軽快な大人顔に進化したコスパ抜群な英国アウター

【Barbour】バブアーのビームス別注キルティングコート

写真/栗原大輔(Roaster) スタイリング/佐藤雄一 構成・文/瀧川修平 | 2017.12.11

ジャケパンスタイルの中でも、とりわけショートジャケットに羽織るなら、アウターの着丈を気にする必要はありません。例えば定番のキルティングコートも、バブアーのコンパクトモデル「リッズデイルSL」がちょうど良い塩梅なのです。

バブアーのビームス別注キルティングコート3万7000円(税抜き)/ビームスF:TEL 03-3470-3946︎)

バブアーといえば120余年の歴史を誇る、英国王室御用達のロイヤルワラントブランド。“ビーコン シリコイル”と呼ばれる、油を染み込ませたオイルドクロスによるジャケットが有名ですが、その看板モデルの「ビデイル」も出自を辿れば実は乗馬服。ゆえにホースブランケットから派生したキルティングジャケットも得意分野のひとつといえます。

今回リコメンドするのは、そのキルティングジャケットのベストセラーモデル「リッズデイル」を、日本人向けにスリムに仕上げた「リッズデイルSL」。短丈により脚を長く見せてくれるこの一着を、シックなチャコールグレー・カラーで昇華させたのが今季のビームスです。さらにキルティング生地は、ナイロンから起毛感のあるウールにアップデートさせており、上品さもひとしおです。

カジュアルシーンではすこぶる軽快にして保温性も上々。オンタイムのジャケパンスタイルとも好相性で、モダンなバランスを叶えてくれるのは間違いありません。3万円台で購入可能と、費用対効果も抜群ゆえ、ぜひこの機会にお試しいただきたい、英国伝来の名作です。

▲バイアスに織られたデニムライクな素材感は、大人の着こなしとの親和性抜群。黒に統一されたメタルボタンやコーデュロイカラーをはじめ、スナップ付きのショートダブルベンツなど細やかなディテールも抜かりナシです。

※モデルコーディネート

ジャケット7万5000円(税抜き)/フガート、タイ1万6000円(税抜き)/ブリューワー(ともにコロネット:TEL 03-5216-6521)、シャツ2万3000円(税抜き)/マッシモ・ラ・ポルタ(フェリージ 青山店:TEL 03-3498-6912)、パンツ2万8000円(税抜き)/ダーバン(レナウン プレスポート:TEL  03-4521-8190)

SUPER CEO Back Number img/backnumber/Vol_33_1533555375.jpg

vol.33

組織を強くする超友好的M&A 外食の、その先へ

株式会社DDホールディングス松村厚久

「100店舗100業態」の偉業を達成したダイヤモンドダイニングは、松村厚久社長の指揮の下、経営方針をマルチコンセプトからマルチブランドへと転換し、売上高1000億円を目指してM&Aを推進。DDホールディングスへと体制を移行した同社は、今、第2の創業期を迎えている。
SUPER SELECTION 医療特化 スーパー・ドクター Passion Leaders

ブランジスタが手がける電子雑誌