ファッション

遊び心ある唯一無二のオリジナルスニーカーを

【JIMMY CHOO】ジミー チュウのオーダーメイドスニーカー

スタイリング/佐藤雄一 構成・文/瀧川修平 | 2017.10.10

ご存知「ジミー チュウ」が昨年スタートさせたカスタムサービス、“メイド・トゥ・オーダー”のラインナップに、日本限定のスニーカーコレクションが期間限定で追加されます。

ジミー チュウのオーダーメイドスニーカー 11万2000円〜27万2000円(税抜き、メンズ)/ジミー チュウ:TEL 03-5413-1200

ベースとして選べるのはハイカットの「アーガイル」やスリッポンの「グローブ」などメンズ4足、ウィメンズ4足の計8モデル。素材や色はもちろん、ブランドを象徴するスタースタッズ、インソールに施すイニシャル入れなど4要素のカスタマイズが叶うのだとか。これにより384パターンからオリジナリティ溢れる自分だけのフェイバリットデザインが完成するというから嬉しい限り。

例えばインラインにはないシャンパングリッターやナチュラルパイソンのレザー素材に、3色をミックスしたスタースタッズを散りばめる、なんて遊び心も夢ではありません。

インソールに彼女の名前を入れて、来たるクリスマスプレゼントに贈るのも一興です。この機会をいかに利用するかは諸兄次第。10月いっぱいで終わってしまうため、サプライズ上手なCEOはお見逃しなきよう。

革は白、シャンパングリッター、ピンク、黒、ネイビー、パイソンから。スタッズはシルバー、ゴールド、クリスタル、ガンメタル、そしてメタリックミックスから選べます。

SUPER CEO Back Number img/backnumber/Vol_56_1649338847.jpg

vol.56

DXに本気 カギは共創と人材育成

日本アイ・ビー・エムデジタルサービス株式会社

代表取締役社長

井上裕美

DXは日本の喫緊の課題だ。政府はデジタル庁を発足させデジタル化を推進、民間企業もIT投資の名のもとに業務のシステム化やウェブサービスへの移行に努めてきたが、依然として世界に遅れを取っている。IJDS初代社長・井上裕美氏に、日本が本質的なDXに取り組み、加速させるために何が必要か聞く。
コンテンツ広告のご案内
BtoBビジネスサポート
経営サポート
SUPER SELECTION Passion Leaders
ブランジスタが手がける電子雑誌