「エステプロ・ラボ」から木桶で自然発酵させた“本物”の醤油を新発売|TOPICS|SUPER CEO

TOPICS

「エステプロ・ラボ」から木桶で自然発酵させた“本物”の醤油を新発売

2018.02.01

“体の内側からの美容と健康”をテーマに、食品やサプリメント、基礎化粧品などを開発し、エステサロンやクリニックなどに卸販売する株式会社プロラボ ホールディングスが展開するインナービューティブランド「エステプロ・ラボ」から、1月30日に新商品となる特級醤油「キオケソイソース オーガニック」を発売した。

これが正しい調味料

プロラボ ホールディングスでは、これまでインナービューティブランド「エステプロ・ラボ」の商品の製造開発・販売を通じて、食の大切さの啓蒙を行うとともに、体に負担をかける“摂るべきでないもの”についても情報提供に努めてきた。そんななかで“正しい調味料の選び方”を考えたとき、日本人の味覚の原点ともいえる「醤油」が重要であると思い至り、今回の醤油開発が始まった。

「キオケソイソース オーガニック」 の最大の特長は、厳選した原材料と天然醸造へのこだわりだ。

まず、原料の大豆は、3年以上農薬を使っていない土壌で育てられた「有機JAS認定」の国産丸大豆を使用。良質な大豆を丸ごと仕込むことで、大豆の油脂分が溶けだし、まろやかな味の醤油になる。また、外国産の大豆や、大豆から油脂を取り除いた脱脂加工大豆に比べて、タンパク質が多く栄養バランスに優れる。さらに、大豆以外に使う材料は、有機小麦と塩のみ。仕込み水には、地下80mから汲み上げた上質な水を使用している。

次に、醸造は、自然の菌の力だけでじっくり発酵させる「天然醸造」。大正12年創業の歴史ある蔵元で、歴代の杜氏たちによって脈々と受け継がれてきた伝統技法だ。仕込みに使う木桶や蔵は、江戸時代から200年以上受け継がれてきたもので、約300種類以上の有用菌が息づいている。

これらの菌がせっせと働くことで材料が発酵し、醤油ができる。人工酵母やアルコールなどを用いて科学的に早く発酵させることも可能だが、あえて寒い冬場の仕込みから、夏場の発酵、秋冬の熟成まで半年以上かけることで、醤油本来の味を追求している。

「エステプロ・ラボ」の人気酵素ドリンク「ハーブザイム® 113 グランプロ」シリーズ の製造も、ヒノキ樽に棲みついた天然の複合酵素(酵母・植物性乳酸菌)による自然発酵が特徴。時間はかかるが、自然発酵は確かな品質を約束してくれる。

“安心安全な食”や“体に負担になるものを避け、良いものを積極的に摂る”ことの重要性に多くの人が気づき始めた今、「キオケソイソース オーガニック」はベストな調味料の選択のひとつになるだろう。

商品名:キオケソイソース オーガニック 
価格:1800円(税別)
発売元:株式会社プロラボ ホールディングス 

SUPER CEO Back Number img/backnumber/Vol_33_1533555375.jpg

vol.33

組織を強くする超友好的M&A 外食の、その先へ

株式会社DDホールディングス松村厚久

「100店舗100業態」の偉業を達成したダイヤモンドダイニングは、松村厚久社長の指揮の下、経営方針をマルチコンセプトからマルチブランドへと転換し、売上高1000億円を目指してM&Aを推進。DDホールディングスへと体制を移行した同社は、今、第2の創業期を迎えている。
SUPER SELECTION 医療特化 スーパー・ドクター Passion Leaders

ブランジスタが手がける電子雑誌