外食・食品

株式会社崎陽軒

きようけん

2008年に創業100周年を迎え、横浜で110年以上にわたり食品製造・販売を手掛ける“横浜の顔”。横浜名物「昔ながらのシウマイ」や弁当を主軸に、横濱月餅・菓子や焼豚、中華レトルト、オードブルを販売。飲食・喫茶および宴会場も経営し、主力の「シウマイ弁当」は1日に約2万3千個を売り上げる大ヒット商品に。3代目の野並直文氏は全国展開ではなく、あくまでも「ローカル主義」を経営戦略として掲げる。結果として地域限定が希少価値を高め、売上は増加。今後も真に優れた「ローカルブランド」を目指すこと、地域に根差した「名物名所」を創るため常に挑戦すること、食をとおして「心」も満たすことを経営理念とする。

更新日:2019/06/18

取締役社長

野並直文

1949年生まれ。1971年、慶應義塾大学商学部卒。1980年、慶應義塾大学大学院経営管理研究科修了。学生時代から崎陽軒でアルバイトをする。1972年、23歳で株式会社崎陽軒に入社。31歳まで弁当やシウマイ作りなど現場で経験を積み、1979年に取締役に就任。1991年、42歳という若さで取締役社長に就任、崎陽軒3代目社長に。引き継いだ借入金約20億円をゼロにしている。

この企業の動画

ブランド力の源は“ローカル主義”「崎陽軒」3代目の経営戦略 株式会社崎陽軒 野並直文

この企業の記事

  • ビジネスにも役立つ鉄板“おもたせ” 崎陽軒のシウマイができるまで

  • 崎陽軒3代目社長・野並直文氏に聞く100年経営論

    株式会社崎陽軒取締役社長 野並直文

  • ブランド力の源は“ローカル主義”「崎陽軒」3代目の経営戦略

    株式会社崎陽軒取締役社長 野並直文

企業情報

外食・食品の企業

  • 株式会社吉野家ホールディングス

    経営者: 河村泰貴

  • 株式会社トランジットジェネラルオフィス

    経営者: 中村貞裕

  • 株式会社ジェイグループホールディングス

    経営者: 新田治郎

  • 株式会社ティーケーピー

    経営者: 河野貴輝

  • 株式会社バルニバービ

    経営者: 佐藤裕久

外食・食品の企業一覧へ

最新記事

  • 2020年の年相を理解した上で、リーダーは強く方向を示すべき

    SBIホールディングス株式会社代表取締役社長(CEO) 北尾吉孝

  • 効率化の先にみえる“本質”「会計freee」とスモールビジネスの変革ストーリー

    freee株式会社 

  • ポテンシャルを最大化する“のびしろ”経営請負人!

    株式会社ARIA Solution代表取締役 伊藤 治男

  • 中小企業の伸びしろを最大化 会計の効率化から始まる生産性革命

    freee株式会社CEO 佐々木 大輔

  • 「法律家は“社会の医者”である」 中小企業経営者を守るリーガルパートナー

    渋谷青山通り法律事務所弁護士 鈴木 誠太郎

ブランジスタが手がける電子雑誌