エンタメ / 教育・福祉

株式会社江ノ島マリンコーポレーション

えのしままりんこーぽれーしょん

湘南江の島の人気スポットであり、“えのすい”の愛称で親しまれている「新江ノ島水族館」のほか、世界淡水園水族館「アクト・トトぎふ」、相模川ふれあい科学館「アクアリウムさがみはら」を運営。 “海”と“海の生物”に関する様々な展示・飼育の豊富なノウハウを生かした水族館運営事業を軸に、かけがえのない地球環境と生命の躍動を体感できる“エデュテインメント型施設”としての新しい水族館像を提示する。その実践の場となった「新江ノ島水族館」では、2014年からスタートした「ナイトワンダーアクアリウム」や相模湾をテーマとした巨大水槽が好評を博している。

更新日:2019/06/18

代表取締役社長

堀一久

1966年、東京生まれ。1989年、慶應義塾大学経済学部を卒業し、住友信託銀行株式会社に入社。2002年に家業を継承するため退職し、株式会社江ノ島水族館に入社、専務取締役に就任。2004年2月、「新江ノ島水族館」のリニューアルに合わせ代表取締役社長に就任。商号を株式会社江ノ島マリンコーポレーションに変更。「新江ノ島水族館」のほか、「世界淡水魚園 アクア・トトぎふ」「相模川ふれあい科学館 アクアリウムさがみはら」も運営。江の島水族館の創業者である祖父の堀久作氏は日活の元社長でもある。

この企業の動画

「新江ノ島水族館」V字回復の要因は「ナイトワンダーアクアリウム」と“研究心” 株式会社江ノ島マリンコーポレーション 堀一久

この企業の記事

  • “えのすい”こと新江ノ島水族館の「ナイトワンダーアクアリウム2017」に行ってきました

  • 「新江ノ島水族館」を運営する江ノ島マリンコーポレーションが目指す“フィールドミュージアム構想”

    株式会社江ノ島マリンコーポレーション代表取締役社長 堀一久

  • 「新江ノ島水族館」V字回復の要因は「ナイトワンダーアクアリウム」と“研究心”

    株式会社江ノ島マリンコーポレーション代表取締役社長 堀一久

企業情報

エンタメの企業

  • 株式会社KOTOBUKI

    経営者: 庭瀬寿洋

  • 株式会社カプコン

    経営者: 辻本春弘

  • 株式会社 USEN-NEXT HOLDINGS

    経営者: 宇野康秀

  • 有限会社大平技研

    経営者: 大平 貴之

  • 株式会社Orchestra Holdings

    経営者: 佐藤亨樹

エンタメの企業一覧へ

最新記事

  • 2020年の年相を理解した上で、リーダーは強く方向を示すべき

    SBIホールディングス株式会社代表取締役社長(CEO) 北尾吉孝

  • 効率化の先にみえる“本質”「会計freee」とスモールビジネスの変革ストーリー

    freee株式会社 

  • ポテンシャルを最大化する“のびしろ”経営請負人!

    株式会社ARIA Solution代表取締役 伊藤 治男

  • 中小企業の伸びしろを最大化 会計の効率化から始まる生産性革命

    freee株式会社CEO 佐々木 大輔

  • 「法律家は“社会の医者”である」 中小企業経営者を守るリーガルパートナー

    渋谷青山通り法律事務所弁護士 鈴木 誠太郎

ブランジスタが手がける電子雑誌