交通

日本交通株式会社

にほんこうつう

東京を中心にタクシー・ハイヤーによる一般乗用旅客自動車運送事業を行う業界大手。車両台数はハイヤー1324台、タクシー6096台(2018年7月末)。精鋭乗務員が時間制運賃で観光、ケア、キッズに特化したサービスを実施する「エキスパート・ドライバー・サービス(EDS)」が好評。IT戦略に注力し、子会社のJapanTaxi(旧全国タクシー)が開発した配車アプリ「全国タクシー」は、500万ダウンロードを突破(2018年6月)。

更新日:2019/06/04

代表取締役会長

川鍋一朗

1970年、東京都出身。日本交通の創業者・川鍋秋蔵の孫として生まれ、幼い頃から「将来は会社を継ぐ」と意識していた。慶應義塾大学経済学部卒業後、ノースウェスタン大学ケロッグ経営大学院に留学し、MBAを取得。帰国後、コンサルティングファームのマッキンゼー・アンド・カンパニー・インク・ジャパンに入社し、経営コンサルタントとしての経験を積む。2000年、取締役として日本交通に入社。専務、副社長を経て、2005年、業界最年少の34歳で社長就任。グループ全体で約1900億円もの負債を抱えていた同社を大胆な経営改革で立て直す。その後も“攻めの戦略”で売り上げを伸ばし続け、注目の若手経営者として話題を集める。著書に『タクシー王子、東京を往く。』(文藝春秋)がある。

この企業の記事

  • 答えは“現場”にある!

    日本交通株式会社代表取締役会長 川鍋一朗

企業情報

最新記事

  • ビジネスはアナログなコミュニケーションが一番大事 チャットによる「非同期」と「コンテキストの省略」で生産性が変わる

    Chatwork株式会社代表取締役CEO兼CTO 山本正喜

  • 2020年の年相を理解した上で、リーダーは強く方向を示すべき

    SBIホールディングス株式会社代表取締役社長(CEO) 北尾吉孝

  • 効率化の先にみえる“本質”「会計freee」とスモールビジネスの変革ストーリー

    freee株式会社 

  • ポテンシャルを最大化する“のびしろ”経営請負人!

    株式会社ARIA Solution代表取締役 伊藤 治男

  • 中小企業の伸びしろを最大化 会計の効率化から始まる生産性革命

    freee株式会社CEO 佐々木 大輔

ブランジスタが手がける電子雑誌