葬祭

株式会社AZUMA

あずま

葬祭事業を展開し、2019年5月で創業53年を迎える株式会社AZUMA。搬送から法事までの窓口を一本化し、すべてを同じスタッフが担当。顧客に寄り添う対応で、顧客満足度97%と高い評価を得ている。近年は、中小企業の経営者から「社葬」「合同葬」の問い合わせが急増中。ビジネスシーンにおける葬祭もサポートできるのが強み。また、救急救命士や看護師が同乗し患者を搬送する民間救急サービスも展開。自然災害などの有事には、移動式のエンバーミングにも対応できるよう準備を進めている。

更新日:2019/08/09

代表取締役社長

荒井昭博

東京生まれ東京育ち。高校時代に祖母を亡くしたことがきっかけで、家業である葬儀社を継ぐ決心をする。27歳の時、父を亡くし、現在の株式会社AZUMAを継ぐこととなる。その後、葬祭業だけでなく民間救急車や訪問看護など幅広く事業を展開し、地域に密着したトータルライフサポート企業へと発展させている。

自分の身内を送るつもりで

お客様にとって、葬儀は決して慣れることではありません。気持ちの整理がつかずに混乱してしまったり、手続きの多さに抜け漏れが出てきてしまうことは少なくありません。だからこそ、「自分の身内を送るつもりで対応します」という姿勢を常に持ち、全ての工程を同じスタッフが担当することで、マニュアルではない対応を心掛けています。お客様のなかには、「AZUMAで働かせて欲しい」という要望があり、社員として現在働いている者もいます。

この企業の記事

  • 顧客満足度97%の葬祭事業 マニュアルではない真心対応

    株式会社AZUMA代表取締役社長 荒井昭博

企業情報

葬祭の企業

  • R・フジヨシ

    経営者: 藤吉政行

葬祭の企業一覧へ

最新記事

  • ビジネスはアナログなコミュニケーションが一番大事 チャットによる「非同期」と「コンテキストの省略」で生産性が変わる

    Chatwork株式会社代表取締役CEO兼CTO 山本正喜

  • 2020年の年相を理解した上で、リーダーは強く方向を示すべき

    SBIホールディングス株式会社代表取締役社長(CEO) 北尾吉孝

  • 効率化の先にみえる“本質”「会計freee」とスモールビジネスの変革ストーリー

    freee株式会社 

  • ポテンシャルを最大化する“のびしろ”経営請負人!

    株式会社ARIA Solution代表取締役 伊藤 治男

  • 中小企業の伸びしろを最大化 会計の効率化から始まる生産性革命

    freee株式会社CEO 佐々木 大輔

ブランジスタが手がける電子雑誌