株式会社ドリームシーカー SUPER CEO

欝々とした時代に「ロボットにできることは?」癒し系ペットロボットの可能性

株式会社ドリームシーカー

代表取締役社長

清水一寛

撮影/中田浩資(リンガフランカ)文/松本理恵子 | 2020.09.10

Q1起業家・経営者になったきっかけを教えて下さい。

バブル崩壊後、アミューズメント業界の低迷期が続き、前会社のアミューズメント事業も経営が厳しくなっていました。せっかく培ったノウハウや人脈を絶やすのは忍びなく、事業を引き継ぐ形で独立しました。アミューズメントは人生を豊かにすると思っています。私の技術で、世の中をさらに楽しくできたらと考え起業しました。

Q2貴社の強み、特徴を教えて下さい。

ミュージックシーケンサーのMIDIを用いてロボット動作をコントロールする、独自システムを持っている点が強みです。これにより、産業ロボットでは実現できない低価格でコストパフォーマンスに優れたシステムを提供できます。また、30年以上アミューズメント業界でやってきた経験と人脈も強みです。近年はこれらの強みを総括する形で、2次元キャラクターと人間の良いところ取りをした「2.5次元サービスロボット」や「ペット型介護ロボット」を開発中です。

見守りロボット、コミュニケーションロボット、それぞれ単独の機能を持つ製品は販売されているが、両方を備えたロボットの主力商品はまだない。「今が勝機」と、清水代表の言葉にも熱がこもる。

Q3今後の展望、目標を教えて下さい。

目標は、人材を増やして教育し、組織を拡大して未来の可能性を広げることです。まずは、ペット型介護ロボットを一般向けや介護施設向けに提供し、介護の安心と負担軽減に貢献します。ゆくゆくはAIも搭載したいですね。コロナ禍が収束した折にはサービスロボットの開発を再開し、グローバル展開を目指します。

Q4貴社が求める人材について教えて下さい。

私には、弊社のブランドをMade in Japan製品でグローバル展開し、世界にマーケットを広げて、ドリームシーカーワールドを広げていきたいという大きな夢があります。第一に、このビジョンに共感してくれる人を求めます。ロボットやものづくりが好きな人、人を楽しませることが好きな人、AIに強い人ならやりがいを感じてもらえるに違いありません。業界経験者は即戦力として募集しますが、工業系大学や高専の学生さんなど若い可能性も大事に育てていきます。

Q5最近の趣味やこだわりを教えて下さい。

趣味は読書、音楽、映画鑑賞、話題のドラマを観ることです。仕事柄、無意識にCGや音響の技術などに注目してしまいますね。先日も最新作の『ターミネーター:ニュー・フェイト』をDVD鑑賞しました。現在のアーノルド・シュワルツエネッガーが第一作(30年前)の自分と対決するシーンでは、若き日の彼をCGでつくり込んであるのですが、リアルで感動しました。新しい映像や音楽をチェックすることで、仕事の刺激になっています。

株式会社ドリームシーカー 代表取締役社長 清水一寛(しみずかずひろ)

1958年岩手県花巻市生まれ。関西外国語大学英米語学科卒業。シンセサイザー製造・販売メーカーの株式会社コルグを経て、イベント企画制作会社、ロボット制御デバイスの製造販売会社に転職。2005年、前会社の事業を引き継ぐ形で独立、有限会社ドリームシーカーを創業。アミューズメントに特化し、音と光の信号による動作プログラミングでロボットを動かす。2018年よりAIをカスタマイズした2.5次元のサービスロボットを開発していたが、コロナ禍の影響で中断を決意。2020年春からはペット型介護ロボットの開発で新展開を図る。

企業情報

  • 株式会社ドリームシーカーどりーむしーかー
  • MIDI(Musical Instrument Digital Interface)を使ったロボット動作のプログラミングを得意とし、テーマパークや博覧会などで数々のロボット制御を手掛ける。代表の清水氏は、この業界で30年以上の経歴をもつベテラン。現在はその唯一無二の経験と技術を武器に、リアルさとアミューズメント性を兼ね備えた“2.5次元ロボット”を開発中。イベントや観光の目玉として、ショップの看板娘として、介護現場の担い手としてなど、新たなビジネスチャンスの開拓を目指す。
  • 業種
    製造
  • 本社
    〒150-0044
    東京都渋谷区円山町5-5 Navi渋谷V 3F
  • 設立
    2005年
  • 上場
    非上場
  • 決算
    11月
  • 従業員数
    2人(2018年7月)
  • サイト
  • SNS
  • Tel
    03-6666-6301
  • 問合せ
    info@dreamseeker.co.jp
    https://dreamseeker.co.jp/inquiry/
SUPER CEO Back Number img/backnumber/Vol_49_1617849484.jpg

vol.49

次世代ファストフード  “外食の神様”の視点

ダイニングイノベーション グループ

創業者

西山知義

時代の要請にいち早く応えた一人焼肉「焼肉ライク」、ToGo専門「‎ブルースターバーガー」を、コロナ禍以前から構想。徹底した店舗運営の効率化やDXの原価反映など、“神の視点”ともいえる先見性により実現した【次世代ファストフード】の秘密に迫る。

最新記事

  • 顧客の気持ちに寄り添うフェイシャルサロン 「会いたい」と思ってもらえる絆づくりを強化

    小顔矯正サロン ラリマールサロンオーナー 大熊友子

  • ビジネスモデルのリニューアルで生徒数が5倍に 完全オンライン英会話トレーニング「LAT」

    H&K株式会社代表 宇佐神 悟

  • サロンの激戦区、銀座・表参道でお客様満足度98.7%! 「幸せの循環」を生み出すホスピタリティ

    株式会社OLIVIER代表取締役 関戸亜美

  • どんな時代も追い風に! 保育で第一線を走り続けられる理由

    株式会社マザーグースホールディングス代表取締役 柴崎方恵

  • 地元に愛される「Bar」の再建 逆境をチャンスに変える鍵は“最強のチーム力”にあり

    Bar KING取締役社長 野口慎之助

ブランジスタが手がける電子雑誌