株式会社ドリームシーカー SUPER CEO

欝々とした時代に「ロボットにできることは?」癒し系介護ロボットの可能性

株式会社ドリームシーカー

代表取締役社長

清水一寛

撮影/中田浩資(リンガフランカ)文/松本理恵子 | 2020.09.10

長年培ったアミューズメント・ロボットの技術で一目置かれる、株式会社ドリームシーカーの清水一寛代表。彼が今、挑戦しているのは「お年寄りが愛着を持てる、ペット型介護ロボット」の開発だ。新たな切り口で介護業界に旋風を起こす。

株式会社ドリームシーカー 代表取締役社長 清水一寛(しみずかずひろ)

1958年岩手県花巻市生まれ。関西外国語大学英米語学科卒業。シンセサイザー製造・販売メーカーの株式会社コルグを経て、イベント企画制作会社、ロボット制御デバイスの製造販売会社に転職。2005年、前会社の事業を引き継ぐ形で独立、有限会社ドリームシーカーを創業。アミューズメントに特化し、音と光の信号による動作プログラミングでロボットを動かす。2018年よりAIをカスタマイズした2.5次元のサービスロボットを開発していたが、コロナ禍の影響で中断を決意。2020年春からはペット型介護ロボットの開発で新展開を図る。

鬱々とした今だからこそ、ロボットにできることがある

ドリームシーカーは、音や光に合わせて動くロボットのプログラミングを得意とする会社で、これまで数々のエンタメ系ロボットを世に送り出し、人々を楽しませてきた。2018年からは人間的なリアルさと、二次元キャラクターのファンタジー性やアイドル性を両立させた「2.5次元ロボット」の開発に着手。

造形デザインから機械の組み立て、動きの設計やプログラミングまでを自社で行い、昨年には実用機の制作も終えた。ところが、「あとはインバウンド向けのショーなどで披露を待つだけ」という段になって、コロナ禍がやってきた。

「インバウンド需要が冷え込み、残念ながらプロジェクトの延期を余儀なくされました」と、清水代表は率直に打ち明ける。ただ、そんな憂き目にあっても「ロボットで人を楽しませたい、癒したい」という情熱は衰えなかった。むしろ、「世の中が鬱々とした今だからこそ、ドリームシーカー製のロボットができることがある」と前向きに捉えた。

そんな時、認知症の両親を抱える知り合いから、「親は遠方に住んでいるため、なかなか会いにも行けない。遠隔でも操作ができるコニュニケーション・ロボットをつくれませんか?」との相談を持ちかけられた。その声に応えるかたちで清水代表は今回、介護ロボットの開発に乗り出した。

「以前から2.5次元サービスロボットが完成したら、次は高齢社会に備えて介護・医療分野に挑戦したいと思っていました。構想はありましたので、動き出しのきっかけとなりました」

完全メイドインジャパンのペット型介護ロボットを開発中

具体的にどんなロボットをつくろうとしているのか。

「カメラ搭載で高齢者の見守りをしてくれ、さらにマイクを通じて双方向の会話ができる、ペット型のロボットです。ペットを可愛がる感覚でいつも傍に置いてもらえれば、高齢者の癒しになると考えました。マイクから遠方に住む子や孫などの声が聞こえてコニュニケーションができるので、より親しみを持ってもらえると思います。また、介護施設等で導入されればスタッフによる巡回の負担が減り、慢性的な人手不足問題の一助になります」

ロボットはスマホアプリを使って遠隔操作できる。洗濯や着せ替えも可能で、実用性と楽しさも追求。バージョンアップしながら長く使ってもらえるロボットを目指している。リサイクルできるのも強みだ。

ロボットのビジュアルや動きは、本物の犬猫のリアルさとぬいぐるみの愛らしさを兼ね備えたものになるという。「2.5次元」や「アミューズメント」というドリームシーカーのコンセプトはしっかり引き継がれている。

「間もなく試作機第1号が完成します。実際の介護現場で使ってもらい、行動認知療法や心理学など専門家の意見も聞いて開発を進めていきます」

ドリームシーカーではロボットを動かすデバイスとメカの製作を担当し、ロボットを管理するアプリの開発やIT関連は外部パートナーと連携して進めていく。将来的にはAIも搭載したいと考えているが、現状では開発に時間がかかることや製品にしたときに価格が跳ね上がることを考慮して、まずは使いやすさや手の届く価格を優先した。「販売価格は2〜3万円に抑えたい」と清水代表は言う。

見守りロボットは他社からも販売されており、中国製では数千円で手に入るものもある。それに比べれば高く感じるが、清水代表はあくまで国内生産にこだわり、メンテナンスや故障修理などのアフターケアも国内で請け負う“完全メイドインジャパン”のビジネスモデルを実現しようとしている。

「愛玩として長く使ってもらうには、安心安全な製品であることや耐久性が大事です。確かな製品づくりは日本のものづくり企業がずっとやってきたことであり、このコロナ禍で改めて見直されている部分です。日本の製造業の底力を見せたいですね! そして、信頼あるロボットメーカーとして、誰もがドリームシーカー製を挙げるくらいの存在になるのが夢です」

ペット型介護ロボットは早ければこの12月にも発売される。高齢の両親へのクリスマスプレゼントにすれば親孝行ができそうだ。

企業情報

  • 株式会社ドリームシーカーどりーむしーかー
  • MIDI(Musical Instrument Digital Interface)を使ったロボット動作のプログラミングを得意とし、テーマパークや博覧会などで数々のロボット制御を手掛ける。代表の清水氏は、この業界で30年以上の経歴をもつベテラン。現在はその唯一無二の経験と技術を武器に、リアルさとアミューズメント性を兼ね備えた“2.5次元ロボット”を開発中。イベントや観光の目玉として、ショップの看板娘として、介護現場の担い手としてなど、新たなビジネスチャンスの開拓を目指す。
  • 業種
    製造
  • 本社
    〒150-0044
    東京都渋谷区円山町5-5 Navi渋谷V 3F
  • 設立
    2005年
  • 上場
    非上場
  • 決算
    11月
  • 従業員数
    2人(2018年7月)
  • サイト
  • SNS
  • Tel
    03-6666-6301
  • 問合せ
    info@dreamseeker.co.jp
    https://dreamseeker.co.jp/inquiry/
SUPER CEO Back Number img/backnumber/Vol_45_1596594972.jpg

vol.45

「ファクトリエ」がつくる工場ブランドの製品は、なぜコロナ禍でも売れ続けるのか?

ライフスタイルアクセント株式会社

代表取締役

山田敏夫

「世界に誇れるメイド・イン・ジャパンの一流ブランドを生み出したい」。そんな思いから、代表の山田敏夫氏が2012年にファクトリーブランド「ファクトリエ」を旗揚げ。優れた技術を持った日本国内の工場を開拓し、コロナ渦でも好調な売上を保っている。その原動力となっている山田氏の「熱狂」に迫る。

最新記事

  • 【ファクトリエ×ファン】ファンを仲間にする“三方良し”のブランド戦略

    ライフスタイルアクセント株式会社 

  • 【ファクトリエ×工場】情熱の共有がサステナブルな関係を生み出す

    ライフスタイルアクセント株式会社 

  • 「1人も応募者が来ない…年収30%の手数料は高すぎる…そんな悩みをスッキリ解決!」 採用も退職も“適材適所”の世の中に

    採用実務支援会株式会社代表取締役社長 松下智彦

  • 価値ある「好き!」を発見 自分らしい人生を描くプラットフォームを開発

    株式会社ArtMind代表取締役 小川晋平

  • 欝々とした時代に「ロボットにできることは?」癒し系介護ロボットの可能性

    株式会社ドリームシーカー代表取締役社長 清水一寛

ブランジスタが手がける電子雑誌