株式会社誠和工業 SUPER CEO

創業15年で売上高20億円に 次なる野望は「世界で一番!」

株式会社誠和工業

代表取締役

文入圭輔

文/宮本 育 | 2020.06.10

Q1起業家・経営者になったきっかけを教えて下さい。

子どもの頃から一番になるのが好きな性格でした。16歳で建設業に入り、技術と経験を積み重ねること、7、8年。尊敬できない人に頭を下げるのは終わりにしたかったのと、技術的にも自信がついてきたため、そして、建設業で一番を目指したいと一念発起し、弊社の専務と共に独立起業しました。

Q2貴社の強み、特徴を教えて下さい。

一番の強みは「機動力」です。現在の建設業界は、被災地復興や東京オリンピックも影響し、慢性的な人手不足ですが、弊社は、協力会社も含めると約100名の人員を確保しています。そのため、多くの現場を切り盛りできるほか、急な依頼にも応じられます。この機動力が、信用にもつながり、依頼してくださるお客様も多いです。

Q3今後の展望、目標を教えて下さい。

とび・土工・コンクリート工事をメインに行っていますが、さらに受注数を拡大していききたいと考えています。また、建築・土木工事を一式請け負う元請業の強化や、海外事業の基盤づくり、そして多角化経営も進めていき、北海道一、ひいては世界一の会社を目指します。

Q4ご自身の夢を教えて下さい。

建設業界に対する“3K(危険・きつい・汚い)”という負のイメージを払拭することです。その一環として地域貢献活動にも力を入れており、少年野球大会の開催、札幌市立菊水小学校の除雪ボランティアを行っています。これらの場面で子どもたちと接する機会もあり、そこで将来、建築・建設業に興味をもってくれる若者が出てきてくれたらうれしいです。

Q5座右の銘を教えて下さい。

「誠心誠意」と「和」です。お客様に対してはもちろん、従業員に対しても誠の心をもって接しています。冬の北海道は工事数が減るため、不安な日々を送る人たちが多いです。弊社に協力してくれる人たちにそのような思いはさせたくないので、当社資材センターで冬期間雇用するなど、対応しています。困った時にだけ声をかけるのではなく、相手が困っている時こそ声をかけ、信頼関係を築いています。

株式会社誠和工業 代表取締役 文入圭輔(ふみいり けいすけ)

1983年生まれ、北海道札幌市出身。16歳で建築・建設業に進み、2006年に誠和工業を設立、2年後に株式会社化。2020年4月で創業15周年を迎え、高層マンションや公共建築物などの施工を中心に業績を着実に伸ばしている。近年では元請工事も担当。2017年1月より海外事業としてミャンマーでの足場施工・リース業もスタート。2019年には運送部門を分社化し「G・S・K」を設立。ほか飲食店、フラワーショップ、スポーツジムの経営など、多角的に事業を展開している。

企業情報

  • 株式会社誠和工業せいわこうぎょう
  • 建築・土木一式工事、とび・土工・コンクリート工事、解体工事を手がける。代表を務める文入圭輔氏は16歳で建築・建設業界に飛び込み、22歳で独立。会社設立から10年で売上高17億円、協力会社を含め100名の人員を動かす企業にまで成長させた。そして、2016年にはミャンマー連邦共和国にて足場材のリース事業を行なう「ミャンマー誠和工業シンセリティー」を設立。念願の海外進出も果たした。
  • 業種
    建設・インフラ
  • 本社
    〒003-0822
    北海道札幌市白石区菊水元町2条3丁目3-21
  • 設立
    2006年4月
  • 上場
    非上場
  • 従業員数
    35人
  • サイト
  • 求人情報
  • Tel
    011-879-5111
  • 問合せ
SUPER CEO Back Number img/backnumber/Vol_54_1641465716.jpg

vol.54

「0次流通」から始まる商流の革新

株式会社マクアケ

代表取締役社長

中山 亮太郎

1次(小売)でも2次(中古)でもない、製品が一般市場に出る前のテスト販売の場「0次流通」に特化した「Makuake」は、開発資金や初期のPR力を求める小規模事業者だけでなく、大手企業まで巻き込んだ一大市場を形成。既存の商流に大きな影響を与え得る事業はいかにして生まれたのか、背景にある壮大なビジョンに迫る。

最新記事

  • ロケット打ち上げの感動で人生が変わった 宇宙産業を盛り上げ、地域活性化を目指す

    株式会社UtoM最高執行責任者 村澤夏美

  • 無意識の痛みの原因行動を可視化 世界初の治療アプリを開発

    浦西鍼灸整骨院代表 浦西和士

  • 「0次流通」から始まる商流のイノベーション “買う”行為は拡張する

    株式会社マクアケ代表取締役社長 中山 亮太郎

  • 吉野家は困難で強くなった ミスター牛丼が語る逆境を味方につける仕事術

    株式会社吉野家ホールディングス会長 安部修仁

  • 100年先も愛されるブランドへ、勝友美の「ヴィクトリー」に込めた想い

    株式会社muse代表取締役 勝 友美

ブランジスタが手がける電子雑誌