人材力

人が育つ、人間関係が築ける 究極の人材育成「ビジネス傾聴力」

マイコーチングオフィス

代表

中村 舞

写真/守澤佳崇(AROUND 80) 文/宮本育 | 2019.09.10

Q1起業家・経営者になったきっかけを教えて下さい。

講師としてさまざまな企業と関わらせていただくうちに、人材育成や仕事能力の向上に欠かせない「ビジネス傾聴力」のスキルをもつ社員が少ないことに気づきました。「ビジネス傾聴力」のスキルの重要性を経営者や管理職の方々に伝えるとともに、社員の傾聴力の向上に重点を置いた、独自の研修を提供したいと思ったためです。

Q2貴社の強み、特徴を教えて下さい。

私はコーチとしても数1,000時間、クライアントと関わってきました。あらゆる人物・場面・内容に対応できる傾聴力とコーチング力を身につけており、そのスキルを使ってどのように伝えたらより理解してもらえるか、何をするとスキルを習得できるか、社員の状態に合わせた最高の研修の場をつくることができます。

Q3今後の展望、目標を教えて下さい。

「傾聴力の素晴らしさ」を日本中に広めたいです。研修や講座・講演を通して、「ビジネス傾聴力」のスキルをわかりやすく指導し、仕事力・人間関係構築力・サポート力が格段にアップし、これまで以上の成果を生み出す社員の育成に全力を注ぎます。いつか子ども達が両親から傾聴力を学べる時代になったら嬉しいですね。

Q4最近の趣味やこだわりを教えて下さい。

好奇心と勇気が錆びつかないようにと、40代になって生まれて初めてバックパッカー海外ひとり旅を始めました。これまでモロッコ、南インドなど、マニアックな場所に挑戦しています。また、ビジネス傾聴やコーチングなどを教えるYouTubeチャンネル「教えてまい先生」も開設。新しい取り組みにワクワクしています。

Q5ご自身の強みを教えて下さい。

人に対して心を開けることです。その理由は、コーチングを通して傾聴力を身につけたことで、先入観なく、好奇心をもって相手の話に耳を傾けることが習慣となり、相手の心に一歩近づくことができるようになったからです。仕事でもプライベートでも、人間関係に困ることがほとんどなく、お互いの違いを楽しみ、誰とでも仲良くなれるところが強みです。

マイコーチングオフィス 代表 中村 舞(なかむら まい)

1974年生まれ、北海道北見市出身。北海道拓殖銀行・北洋銀行を経て、政府系法人に転職。この時期に出合った「コーチング」に魅了され、CTCプロコーチ養成スクールにて本格的に学ぶ。2008年にマイコーチングオフィスを設立。企業研修や講演などの活動をはじめ、2017年からはテレビ会議用アプリ「zoom」を使って、全国に傾聴講座も配信している。

SUPER CEO Back Number img/backnumber/Vol_42_1580902204.jpg

vol.42

中小企業の伸びしろを最大化 会計の効率化から始まる生産性革命

freee株式会社

CEO

佐々木 大輔

個人事業主や中小企業を中心とする16万社以上の有料ユーザーを誇るクラウド会計ソフト「freee」を展開するfreee。昨年12月のIPOで実施したグローバルオファリングは大きな注目を集めた。創業者でCEOの佐々木大輔氏が思い描く「スモールビジネスが輝く未来像」とは?
SUPER SELECTION 医療特化 スーパー・ドクター Passion Leaders
ブランジスタが手がける電子雑誌