アウトソーシーの枠を超え 経営者に寄り添うブレーン | 株式会社一彩 平出瑞貴|注目の経営者|SUPER CEO

サービス力

アウトソーシーの枠を超え 経営者に寄り添うブレーン

株式会社一彩

代表取締役

平出瑞貴

写真/田村和成 文/中野祐子 | 2017.06.30

バックオフィス業務だけにとどまらず、トータルなサービスを提供することで、さまざまな企業に貢献している株式会社一彩。若き女性起業家・平出社長の思いに迫る。

株式会社一彩 代表取締役 平出瑞貴(ひらいで みずき)

栃木県宇都宮市出身。大学在学中からベンチャー企業を中心にバックオフィス業務に携わる。卒業後はフリーのアウトソーシーとして活躍し、2016年、株式会社一彩を大阪に設立。経理から財務、労務、さらに経営、業務のサポートなど、幅広いサービスを展開し、信頼を集めている。

学生時代、インターンとして企業の経理や労務などを経験。経営におけるバックオフィス業務の重要性を実感する一方、個人事業主や中小企業では、日々の仕事に追われて後回しになりがち。

さらに、社員を雇う、士業に頼む余裕がないというケースも多いことを知り、「経営者が本来やるべきことに集中できるようにお手伝いがしたい」と、アウトソーシングに携わることを決めた平出社長。

フリーのアウトソーシーとしてキャリア、企業や士業とのネットワークを構築し、2016年に株式会社一彩を大阪に設立。現在、大阪、名古屋、東京など30以上の個人、法人と契約している。

「経理や労務の社員雇用には一人当たり給与が約20万円、それに加えて社会保険料なども必要ですが、当社なら会計記帳や証憑整理などのデータ作成が月2万円、経理業務全般が月4万円からと、大幅な経費削減が可能です」

バックオフィス業務の代行にとどまらず、経営者と士業のマッチング、経理・労務システムの導入アドバイス、さらに安定経営、収益拡大に向けたコンサルティング的なサポートを提供していることも「他とは違う強み」と平出社長。

「経理では月次決算を行い、売上や利益を明確化。次は何に経費を掛けるべきかなど戦略に繋げます。また、数字からだけでなく、経営や業務の根本的な問題を洗い出し、改善していきます。

事例を挙げると、ある企業から請求書発行と振込処理の依頼を受けたのですが、請求、振込の漏れが多く、原因を辿ると証憑管理が滞り、業務の流れが徹底されていないなどの問題が見つかりました。そこで、書類ボックスの設置など、オフィス環境の整備や業務フローの作成、運用を行ったところ、生産性や社員の働き方が向上し、経営も安定しました」

経営者と士業のマッチング、経理・労務システムの導入アドバイス、さらに安定経営、収益拡大に向けたサポートなど、バックオフィス業務代行にとどまらないことが株式会社一彩の強み。

契約先には頻繁に足を運び、現況や経営者の悩みをじっくり聞き出すのも平出社長のこだわり。細やかで的確なサポートから、バックオフィス業務以外の相談がますます増え、経営者や士業からの紹介も後を絶たない。

「起業サポートの依頼も多くいただき20社以上の会社設立に携わりました。それを機に経理、労務の代行、経営や業務のサポートを行う企業もあります」

今後もつながりを大切に「経営者のお役に立ちたい」と平出社長。また、自身が経営者となったことで新たな目標もできたという。

「当社のスタッフは全員女性。女性は結婚や出産で一旦社会と離れてしまうと、再就職しにくいのですが、アウトソーシングならクラウドの活用などによって、仕事と家庭を両立できます。当社を通じて、女性の活躍や自立にも貢献していきたいです」

SUPER CEO Back Number img/backnumber/Vol_28_1507187244.jpg

vol.28

結果にコミットし市場を開拓!

RIZAPグループ株式会社瀬戸 健

「結果にコミットする」の謳い文句と強烈なCMでブレイクしたプライベートジム「RIZAP」は、5年半で120店舗、累計会員数約9万人と急成長。ゴルフ、英会話、料理とさらに広がる“RIZAP経済圏”についてグループ代表・瀬戸 健氏に聞く。
SUPER SELECTION 医療特化 スーパー・ドクター Passion Leaders

ブランジスタが手がける電子雑誌