患者に寄り添う医療で深みと広がりのある経営を | 医療法人社団彩祥会 中島皮フ科 中島 知賀子|注目の経営者|SUPER CEO

サービス力

患者に寄り添う医療で深みと広がりのある経営を

医療法人社団彩祥会 中島皮フ科

理事長

中島 知賀子

写真/若原瑞昌 文/塚岡雄太 | 2016.01.29

Q1起業家・経営者になったきっかけを教えて下さい。

同じく医療の道に進んだ姉と共に開業したという気持ちと、厳しく育ててくれた母に認められたいという思いがあった気がします。直接のきっかけは、双子が生まれて子どもたちのために時間が自由になりそうな独立の道を選んだことだったのですが、成長過程で経営と子育ての両立に苦労しましたね(笑)。

Q2貴社の強み、特徴を教えて下さい。

患者さんに寄り添った医療で、いつでも相談しに来られる環境と雰囲気づくりに力を入れているのが特徴です。強みは、その方針をスタッフ全員で共有できているので経営判断の意図も自然と共有でき、スピード感のある決断ができることですね。

Q3今後の展望、目標を教えて下さい。

患者さん第一主義をより深めるために、“自宅でできるケアの指導”、“女性の悩みを解決する無料セミナー”により力を入れていくこと、そして“メディカルエステの店舗拡大”の3つは必ず実現したいです。

Q4貴社の人材育成について教えて下さい。

とにかく実践あるのみです。医療機関ですので診断や施術に失敗は許されませんが、その他のことに関してはどんどんチャレンジしてもらい、失敗しても責めずに、その経験を次のステップにつなげてもらうよう指導しています。

Q5座右の銘を教えて下さい。

“ケ・セラ・セラ”です。今うまくいかなくても、きっといつか大丈夫。そう信じながら経営してきました。もちろん、その根底には患者さんとの対話があり、スタッフへの信頼があり、私なりの戦略もありますが、失敗を恐れないためのおまじないみたいなものですね。

医療法人社団彩祥会 中島皮フ科 理事長 中島 知賀子(なかしま ちかこ)

1994年、北里大学医学部卒業。日本医科大学附属病院での臨床研修を経て、双子を出産した1997年に「中島皮フ科」を赤羽で開業。患者さんに寄り添いながら、美しくなることのサポートを主眼に置いた美容皮膚科として診療を続け、患者さん第一をモットーにビジネスを展開している。

SUPER CEO Back Number img/backnumber/Vol_35_1543978366.jpg

vol.35

企業ブランディング SNS時代のモノの広め方

株式会社ベクトル西江 肇司

PR業界の売上高ナンバーワン。「モノを広めるファストカンパニー」を謳い、ニュースリリース、動画、イベント、タレントキャスティングを駆使した比較的安価な商材・企業の情報拡散を手掛けるベクトルグループ。軸になるのは[PR×動画×アドテク]だ。危機管理など複雑さを増す昨今の企業ブランディングを探る。
SUPER SELECTION 医療特化 スーパー・ドクター Passion Leaders

ブランジスタが手がける電子雑誌